menu

酒粕のご注文はこちら

× CLOSE

酒粕の購入なら福岡の日本酒専門店「酒乃竹屋」へ

酒粕のご注文はこちら

オフィシャルブログ


01

テレビでも度々特集され、美容・健康共に効果が期待できるとされている酒粕。

この酒粕の保存方法や賞味期限に疑問を持たれている方は、多くいました。

また見た目の特徴から「酒粕がカビてる!?」と心配する人も意外と多かったです。

実は酒粕の見た目が変化するのはカビが生えているからではなく、熟成が進み味・臭いに変化が出始めている証拠だったのです!

そこで今回は酒粕にカビが生えているかチェックする方法や、保存方法・賞味期限など記事を読まれている方の疑問を解消できるよう徹底解説していきます。

「酒粕にカビが生えてるか」チェック

3815fbec2819667f95105fde0e8cbe47_s

そもそもですが酒粕は日本酒を作る工程で出る絞りかすなので、雑菌が繁殖しにくい傾向があります。

一定の温度×湿度で保存しておけば、カビることはめったにないので、冷蔵庫に入れてしまえばある程度の期間使用可能です。

酒粕がカビるのはかなりレアなケースで、乾燥する場所に長期間置き続けない限り考えづらいです。

酒粕の粒粒はカビではない?

酒粕の表面には白色や黄色の粒粒があるので、これをカビと勘違いされるケースが多いですがこれはカビではないです。

酒粕のカビは白いフワフワした綿のような形で、酸っぱい匂いがしてきます。

酒粕の「色・臭いの変化」

酒粕は保存して時間が経つにつれて、先程のような白・黄色の粒粒が見えたり、臭いや味が強くなったりします。

実はこれはカビではなく、酒粕が発酵し熟成しているサインなのです。

色の変化

酒粕の粒粒の正体は「チロシン」というアミノ酸の結晶で、熟成すると徐々に濃い黄色になっていきます。

最初、この酒粕の表面の粒粒は「白色」に近い色となっています。

最終的には濃い茶色くらいまでなりますが、これは糖分がカラメル化しているためで、衛生上全く問題はないです。

臭い・味の変化

酒粕は日本酒の絞りかすなので、最初はアルコールに近い臭いがします。

ですが時間が経つにつれて熟成が進み、糖分がカラメル化しほんのり甘い香りになってきます。

更に熟成が進むと、シェリー酒のように甘い香りが強くなってくるのです。

これに伴って、味もはっきりと甘さが増してきます。

酒粕の賞味期限

a0f8d7ab570d1e2ec993c68c42b16a4f_s

酒粕は、発酵食品ですので長期間保存できますが、明確な消費期限は定められていません。

約1年間は食べられると言われていますが、多くの製造メーカーは冷蔵庫に保存した場合で約半年間(6カ月間)を賞味期限としているケースが多いです。

より長い期間酒粕を保存しておきたい場合、乾燥を避け注意して冷蔵庫に保存しましょう。

酒粕の保存方法

2d6f24e5847969f5a72475a2952bf045_s

酒粕は保存方法を工夫すれば、より長い期間美味しく食べ続けることが可能となります。

是非以下の点を意識して、酒粕を保存していただければと思います。

酒粕を常温で保存する

酒粕は徐々に黄色くなっていく着色を気にしないのであれば、涼しい場所で常温保存が可能です。

常温で保存すると、温度が高くなるにつれて発酵が進み熟成されます。

ただ冬場などの室内で、暖房が入っている場合など乾燥するので、可能であれば冷蔵庫を使った保存がオススメです。

酒粕を冷蔵庫で保存する

9003d2146834e444e005af2373306284_s

酒粕を冷蔵庫に保存すれば着色の進行を遅らせ、熟成の進行も遅らせることが可能です。

冷蔵庫で保存する場合

未開封⇒冷蔵庫にそのまま入れる
開封している⇒空気に触れないように密封袋に入れて保存する

など工夫するようにしてください。

冷蔵庫で保存する場合は約半年間(6ヶ月間)を目安に使い切ってしまう方がよいでしょう。

酒粕を冷凍庫で保存する

b7e883aecd6b5cadecccf6b1509b0b0b_s

酒粕を大量に購入し、一度に全ては食べきれないので、冷凍保存したい場合もあると思います。

酒粕は冷凍庫での保存可能なのですが、この場合、熟成発酵はほとんど進みません。

またアルコールを含む酒粕の場合は、カチカチには凍りません。

冷凍庫で保存すると水やアルコールは蒸発してしまい乾燥の原因となるため、ラップでしっかりと包み、念のため密閉袋にも入れましょう。

気になる酒粕に含まれる栄養分に関しては、冷凍保存しても損なわれるわけではないので安心していただいて大丈夫です。

熟成具合で料理を楽しむ「酒粕」

61918fe1c8b81ab210d367a984c1f1b6_s

酒粕は腐敗しづらくカビる可能性も低いので、長期間料理をして楽しむことが可能です。

熟成度合いによって、味や見た目が変化するので、その時期に合った料理をオススメします。

色が未だ白く・味や臭いがまだ弱い時は、粕汁や豆乳を混ぜて飲むのも良いと思います。

この時期であれば、酒粕パックとして使用するのも良いですね。

また熟成発酵が進み、色が濃い黄色となり、味や香りが強くなった場合は、奈良漬けや漬物が一番美味しいですよ!

■こんな記事も読まれています

酒粕のご注文はこちら

ページトップ

スポンサーリンク

Copyright © 酒粕.com | 日本酒と酒粕の専門店「酒乃竹屋」.All Right Reserved.