menu

酒粕のご注文はこちら

× CLOSE

酒粕の購入なら福岡の日本酒専門店「酒乃竹屋」へ

酒粕のご注文はこちら

オフィシャルブログ


shutterstock_671658505

最近、健康や美容に良いと評判になったことで甘酒を買い求める方も増えてきたようです。

しかし大量に買いすぎてしまうと困るのが保存についてですよね。

今回はそんな甘酒の保存方法や日持ちの目安、注意点などを紹介していきたいと思います。

 

意外と短い?種類によって異なる甘酒の保存期限

shutterstock_736328074

甘酒には米麹から作る「米麹甘酒」と酒粕から作る「酒粕甘酒」の2種類があります。

どちらも市販のものは開封前なら賞味期限は長めに設けられていますが、
開封後は早めに飲み切るように注意書きされているのが一般的です。

甘酒は冷凍保存も可能なので、すぐに飲み切れなさそうな時は冷凍するようにしましょう。

すぐに飲み切れるようなら冷蔵保存でも構いませんが、
その際の保存期限は甘酒の種類によって異なるので注意が必要です。

実際に米麹甘酒なら火入れしていないもので約1週間、
火入れしているものなら約3週間保存することが可能ですが、
酒粕甘酒の場合は火入れしているものでも1週間、
火入れしていないものは2~3日で飲み切る必要があります。

酒粕甘酒は製造方法の関係でどうしても保存期間が短くなってしまうため、
飲み切れる分だけ購入するようにしましょう。

ちなみに原料となる酒粕は冷蔵でも長期保存が可能なので、
飲みたい分量だけ作ると無駄がなく便利です。

 

甘酒はすぐ飲み切れそうなら冷蔵保存もOK

shutterstock_1390969019

前述したように、甘酒はすぐに飲み切れそうなら冷蔵保存も可能です。

最近はヨーグルトメーカーや炊飯器を使って自家製甘酒を作っている方も増えてきているようですが、
自家製甘酒の場合でも市販のものと同様に冷蔵での保存期限は約1週間と言われています。

それ以上経過してしまうと徐々に褐変が進み、甘酒が黄色く変色してしまいます。

火入れすると甘酒は長持ちするけれど・・・

甘酒には火入れしてあるものとそうではないものがあります。

そもそも火入れとは、その名の通り甘酒を加熱して一煮立ちさせる製法のことです。

火入れすることで雑菌の繁殖を抑制し、保存期間を延ばすことができるほか、
発酵を止めて甘酒の品質を安定させることも可能です。

ただ、火入れすると甘酒に含まれている消化酵素や麹菌、ビタミンなどが減少してしまうというデメリットもあります。

市販の甘酒は火入れしてあるものがほとんどですが、
酒蔵が作っている甘酒の中には火入れしていないものもあります。

また、自家製甘酒で加熱作業を行っていないものも火入れなしの甘酒に分類されるので、
保存の際は気を付けましょう。

甘酒を冷蔵保存する際のポイント

甘酒を冷蔵保存する際は、市販のものなら瓶や紙パックのまま冷蔵庫に入れるだけでOKです。

手作り甘酒の場合は火入れしてあるものなら密閉できる容器に移してから冷蔵庫で保存するようにしましょう。

一方で、火入れしていないものは、冷蔵保存中も徐々に発酵が進んでいくため、
密閉状態にしておくと発酵によるガスが溜まり、容器が膨らんでしまうことがあります。

そのため、火入れしていない甘酒は蓋をふんわりと被せた状態で冷蔵保存するようにしましょう。

 

甘酒は冷凍保存がおすすめ!その方法とは

shutterstock_522663619

甘酒は冷凍保存も可能です。

冷凍しても甘酒の栄養素や風味、味が損なわれることはないので、
すぐに飲み切れなさそうなら冷凍して長期保存するようにしましょう。

ここでは甘酒の冷凍保存の方法を紹介していきたいと思います。

甘酒は冷凍保存の方が良い理由は?

甘酒にはブドウ糖が豊富に含まれていますが、ブドウ糖は雑菌のエサでもあるので、
雑菌が入り込んでしまうとすぐに繁殖し、食中毒の原因となる恐れもあるそうです。

ただ、雑菌は0度以下の状況では繁殖できなくなるため、
冷凍保存しておけば甘酒が傷んで食中毒の原因となるリスクも低くなります。

また、先ほども紹介したように甘酒は火入れすると日持ちを伸ばすことはできますが、
消化酵素や麹菌などの栄養素は減少してしまいます。

しかし冷凍しておけば火入れしていない甘酒でも約2か月の長期保存が可能です。

ちなみに火入れしてある甘酒なら約6か月もの間冷凍で保存することができます。

甘酒のおすすめ冷凍保存法

甘酒を冷凍保存する際は、小分けにして冷凍庫に入れておくと便利です。

小分けにしておけば使いたい分だけ解凍することができますし、

冷凍庫のスペースも小さくて済むので長期保存しても邪魔になりません。

保存容器は小さなタッパーやジッパー付きの袋でも良いですが、製氷機などもおすすめです。

冷凍保存した甘酒の使い方

shutterstock_743819602

最後に冷凍保存した甘酒の使い方を紹介していきましょう。

電子レンジはNG!自然解凍がおすすめ

冷凍保存した甘酒は電子レンジを使わず、冷蔵庫で自然解凍してから飲むようにしましょう。

電子レンジで解凍すると温めムラができてしまい、一部分だけ高温になってしまうこともあります。

飲み切れない分は料理に活用しよう

前述したように甘酒は冷凍保存しても栄養素や味、風味が損なわれることはありませんが、
長期間冷凍庫に入れたままにしておくと冷凍焼けを起こしてしまうこともあります。

冷凍焼けを起こしてしまった甘酒はそのまま飲むと独特の匂いが気になることもあるので、
その時は料理やお菓子の材料として活用してみると良いでしょう。

料理やお菓子に使うと、そのまま飲むよりは独特の匂いが軽減されます。

 

甘酒を冷凍保存して最後まで美味しく飲み切ろう

shutterstock_766311058

いかがでしたか?

甘酒は冷凍保存することで約2~6か月の長期保存が可能になります。

ただ冷凍保存した場合でも、長く冷凍庫に置きすぎてしまうと冷凍焼けの原因となるので、
なるべく早めに飲み切るよう心がけましょう。

ぜひ参考にしてください。

酒粕のご注文はこちら

ページトップ


shutterstock_766311055

甘酒というと「寒い冬の時期に飲む」というイメージが強いかもしれませんが、
実は江戸時代には甘酒は夏の定番ドリンクとして庶民の間で親しまれていました。

そこで今回は、甘酒を夏に飲むメリットや、
暑い夏にピッタリのおすすめのアレンジ方法を紹介していきたいと思います。

甘酒は江戸時代の夏の風物詩だった?

shutterstock_1134478601

甘酒は平安時代頃には貴族が夏に好んで飲むものだったと言われています。

しかし江戸時代になると栄養価が高い甘酒は
疲労回復や熱中症対策のための栄養ドリンクとして、
庶民の間でも愛飲されるようになっていったそうです。

当時、江戸幕府が誰でも甘酒を購入できるよう値段を最高4文に制限していたことからも、
甘酒は幕府公認の栄養ドリンクだったことが分かります。

実際に夏場になると街に「甘酒売り」という行商が登場するほど甘酒の需要は高く、
当時は氷が高価なものだったため熱い甘酒を暑い夏に飲むのが一般的だったと言われています。

こういった背景から、甘酒は俳句の世界では今も夏の季語として用いられています。

甘酒を夏に飲むメリットとは

shutterstock_1424140421

甘酒が健康に良いことは知っていても、
夏に良い理由は分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで続いては、甘酒を夏に飲むメリットを4つの視点から説明していきましょう。

夏バテ予防や熱中症対策に有効

shutterstock_568859656

甘酒には疲労回復に有効なブドウ糖をはじめ、
基礎体力作りや抵抗力向上に役立つタンパク質、
免疫力アップにつながるビタミンB群など、
夏バテ予防や熱中症対策に効果的な栄養素が豊富に含まれています。

特にビタミンB1は体内でエネルギーを生成する作用があるため
夏バテ予防には欠かせない栄養素のひとつですが、
主に肉類に多く含まれているため、肉類などの食べ物を敬遠しがちな夏は不足しがちです。

その点、甘酒にはビタミンB1が多く含まれているほか、
体内での吸収率にも優れているので夏でも効率よく摂取することが可能です。

食欲がない時も手軽に栄養補給できる

暑い夏はなるべくあっさりとしたものが食べたくなりますよね。

特に夏バテしてしまうと食欲もなくなっていき、
栄養不足からさらに体調を崩すという悪循環に陥りやすくなります。

栄養価の高い甘酒なら、コップ一杯飲むだけで手軽に栄養摂取できるので、
暑くて食欲がない時にもおすすめです。

市販なら小分けの紙パックや缶で販売しているものもあるので手間いらずで、
忙しい朝の朝食にもピッタリです。

発汗により排出されてしまう水分と塩分をバランスよく摂取できる

熱中症対策で大切なのは汗をかくことで体外に排出されてしまう水分やミネラルをバランスよく摂取することです。

しかし、ただ水を飲むだけではミネラル不足になってしまうため、

近年ではスポーツドリンクや経口補水液などを飲むように言われていますよね。

実は甘酒のなかでも、とりわけ米麹甘酒は水分とミネラルがバランスよく含まれているため、熱中症対策にも効果的だと考えられています。

冷房や冷たいドリンクの飲み過ぎで影響を受けやすい腸内環境を整えてくれる

夏にお腹を壊しやすくなる方も多いのではないでしょうか。

夏だからといって冷房が効きすぎている部屋に長時間過ごし、
冷たいドリンクを飲み過ぎたりすると体の芯が冷えてしまい、
腸内環境にも悪影響を及ぼすことがあります。

その点、甘酒には腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖や食物繊維などの栄養素が豊富に含まれているため、
腸内環境を整えて下痢や便秘を改善してくれる効果も期待できます。

 

夏におすすめしたい甘酒のアレンジ方法

shutterstock_550013404

最後に夏におすすめしたい甘酒のアレンジ方法を4つ紹介していきます。

暑い夏でもさっぱり飲んだり食べたりできて、
簡単なアレンジばかりなのでぜひ試してみてください。

レモンを加えたスッキリとした口当たりの甘酒ドリンク

冷やした甘酒にレモンやオレンジなどの柑橘系の果実を絞って入れると、
スッキリとした口当たりに仕上がります。

お好みではちみつや炭酸水などを加えても美味しいですよ。

シャーベットやアイスクリームの材料として

甘酒は牛乳の代わりにシャーベットやアイスクリームの材料として活用することもできます。作り方も簡単で、好きなフルーツと甘酒をミキサーで混ぜて、
冷凍庫で凍らせるだけなので夏の定番おやつにもピッタリです。

ひんやりとした口当たりが嬉しいシェイクやスムージーに

甘酒はただ冷やしだけでも美味しいですが、
一工夫してシェイクやスムージーにすると夏にピッタリなひんやり美味しいドリンクになります。

シェイクは凍らせた甘酒を牛乳、氷と一緒にジューサーに掛けるだけなので簡単ですし、
牛乳の代わりに豆乳で作ればヘルシーに仕上がります。

スムージーなら定番のバナナやイチゴも相性抜群ですが、
夏に美味しいスイカやゴーヤなどのフルーツや野菜で作っても美味しいですよ。

マリネやキャロットラペの隠し味にもピッタリ

甘酒はいろいろな料理の隠し味にも最適です。

夏の献立ならさっぱりとしたマリネやキャロットラペはいかがでしょうか。

味付けの時に甘酒を少量加えるだけで甘酒ならではの風味が楽しめる仕上がりになりますし、
お酢と甘酒の相乗効果で疲労回復や夏バテ予防効果も期待できます。

 

甘酒を飲んで暑い夏を乗り切ろう

shutterstock_281671217

江戸時代から夏バテ予防や熱中症対策に有効な栄養ドリンクとして愛されてきた甘酒。

「去年は夏バテしてしまった」という方も、今年は甘酒を飲んで暑い夏を乗り切りましょう!

今回紹介した甘酒のアレンジレシピもぜひ実践してみてください。

酒粕のご注文はこちら

ページトップ


甘酒 夜 (6)

甘酒は日本伝統の飲み物ですが、具体的にその歴史がどのくらい前に始まったのかご存知ではない方も多いのではないでしょうか。

甘酒の歴史には諸説ありますが、実はそのルーツを探ると古墳時代にまで遡ると言われています。

そこで今回は、意外と知られていない甘酒の歴史について紹介していきたいと思います。

 

 

古代から愛飲されてきた甘酒 その始まりは古墳時代?

shutterstock_690631504
甘酒の歴史はとても古く、その始まりは古墳時代に朝鮮半島から渡った渡来人が、

蒸し米を糖化して作る「一夜酒(いちやざけ、ひとよざけ)」の作り方を教えたことから始まったと言われています。

「一夜酒」は現在の甘酒と同じようなもので、一晩掛けて作られることからこの名で呼ばれるようになったそうです。

 

また、酒粕甘酒に関しては、『万葉集』に収められている山上憶良の『貧窮問答歌』に出てくる「糟湯酒(かすゆさけ)」が起源だと言われています。

「糟湯酒」は酒粕をお湯で溶いてつくる庶民のお酒だと考えられており、

山上憶良の和歌では冬の季語として用いられています。

『万葉集』は奈良時代末期に成立したとされているので、

呼び名は違えど酒粕甘酒もかなり古くから庶民の間で親しまれていたと言えるでしょう。

 

時代によって名前が変化してきた甘酒の歴史

甘酒は時代により呼び名が変化していったことが分かっています。

例えば奈良時代に書かれたとされる『日本書紀』には

「狭名田(さなだ)の田の稲を以て、天甜酒を醸みて嘗す、又淳浪田(ぬなた)の稲を用て、飯を為きて嘗す」という記述があります。

これは酒造りの神様である木花咲耶姫(このはなさくやひめ)が「天甜酒(あまのたむざけ)」を作ったという話で、この天甜酒が甘酒の起源だと考えられています。

 

その後、平安時代になると、夏場に貴族が冷やした甘酒を好んで飲んでいたそうです。

続く室町時代には「醴酒(こさけ)」という名前で、庶民にも売られるようになったと言われています。

この頃は現代とは違って甘味も少ないので、甘味が感じられる大衆飲料としても親しまれていたようです。

甘酒という名前が一般的に使われるようになったのは江戸時代からでした。

 

江戸時代後期に発行された『守貞漫稿(もりさだまんこう)』には、

「甘酒売り」という項があり、当時の甘酒について漫画風の描写と説明が載せられています。

 

 

江戸時代には甘酒が庶民の間で浸透 夏の必需品として人気を集める

shutterstock_1021173820
江戸時代に入ると、甘酒は庶民の間で普及していくこととなります。

今では甘酒と言えば冷えた体を暖めてくれる意味合いから、冬に飲むホットドリンクという印象が強いですが、

江戸時代には甘酒は夏の必需品として親しまれていました。

実際に俳句の世界では、甘酒は今も夏の季語として用いられています。

 

江戸や京都、大阪では“甘酒売り”が多く出るように

江戸時代になると街中に「甘酒売り」という行商が多く出てきて、

「甘い甘い甘酒~」という文句を口にしながら商売をしていたことが分かっています。

実際に先ほども紹介した『守貞漫稿(もりさだまんこう)』には、

「夏になると江戸や大阪、京都で甘酒売りが多く出てきて1杯4文で売っている」というような記述があります。

ちなみに当時の甘酒売りは時代劇などに出てくる行商と同じように天秤棒を両肩に担いで、1杯ずつ甘酒を売るというスタイルでした。

甘酒は非常に人気のある飲み物だったことから、甘酒づくりは当時の武士の内職として行われていたとも言われています。

 

甘酒は幕府公認の健康ドリンクだった?

先ほども紹介したように、甘酒は江戸時代に1杯4文で販売されていました。

1文が現代の12円くらいなので、4文は約50円、甘酒は当時でも決して高価なものではないことが分かります。

そもそも江戸時代には今のようにエアコンや扇風機などはなかったため、

暑い夏は体力を消耗して病気になる人も多く、1年間で最も死亡率が高かったそうです。

そこで江戸幕府は庶民の健康を守るために、栄養価が高く疲労回復効果が期待できる甘酒を奨励し、

甘酒の値段を最高4文に制限していたと言われています。

 

江戸時代の甘酒はホットが主流

江戸時代には、お酒の席の前に甘酒を飲んで悪酔いを防ぐことが武士の作法でもありました。

ちなみに当時は甘酒と言えばホットが主流で、暑い夏に熱い甘酒を飲むのが一般的だったそうです。

なぜなら、江戸時代はまだ砂糖と同じくらい氷が高価だったため、暑いからと言って甘酒を冷やして飲むという風習はなかったのです。

また、庶民の間では熱い甘酒にショウガをいれたものが愛飲されていたと言われています。

 

 

全国各地に点在?歴史を感じさせてくれる甘酒地藏

shutterstock_760168705

「甘酒地蔵」という名を聞いたことはありませんか?

実は甘酒地蔵と呼ばれている地蔵尊は1体だけではなく、全国各地に点在しています。

例えば宮城県の鳴子温泉には源義経と弁慶の伝説がある甘酒地蔵尊が祀られていますし、横浜市久保町にも甘酒地蔵と呼ばれるお地蔵様が祀られています。

近くに甘酒地蔵が祀られているのならその歴史や伝承を調べてみても楽しいかもしれません。

 

 

甘酒は日本伝統の健康ドリンク 毎日飲んで健康維持に役立てよう

shutterstock_580297867

いかがでしたか?

甘酒の歴史は古く、古墳時代から受け継がれてきた伝統的な飲み物だということが分かりました。

江戸時代とは違って、今では冷たい甘酒も難なく飲めるようになったので、ぜひ熱い夏の熱中症予防や疲労回復に役立ててみてください。

酒粕のご注文はこちら

ページトップ


甘酒 夜 (4)

最近、健康、美容、ダイエットなどの効果が優れていることから人気を集めている甘酒。

実際にテレビや雑誌などで甘酒の効能が取り上げられる機会も増えてきました。

しかし身体に良いことが分かっていながらも甘酒に手が伸びない、という方の中には

「甘酒の味が苦手」という方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、「甘酒はまずい」と感じている方にぜひ試してほしい

・ちょい足しレシピ

・アレンジ方法

たっぷりと紹介していきたいと思います。

 

 

“飲む点滴”と称される甘酒 だけど「まずい」と感じている人は意外と多い?

shutterstock_245265355

甘酒は“飲む点滴”と呼ばれるほど栄養価に優れている飲み物です。

その健康効果は高く、江戸時代には、夏バテ予防や疲労回復のための栄養ドリンクとして

庶民の間で広く親しまれていたことが分かっています。

 

ちなみに甘酒には原料の違いで「米麹甘酒」と「酒粕甘酒」の2種類に分類できますが、

“飲む点滴”と呼ばれているのは米麹甘酒の方です。

実際に米麹甘酒には点滴と同じようにブドウ糖が多く含まれているほか、

美容や健康に良い成分も豊富に入っています。

 

しかしだからといって酒粕甘酒の効能が低いというわけではありません。

酒粕甘酒には腸内の脂肪を排出してくれる「レジスタントプロテイン」や

保湿効果が高い「スフィンゴ脂質」などの成分が豊富に含まれているため、

ダイエットや美容への効果が期待できると言われています。

 

ただ、甘酒がどれだけ栄養満点でいろいろな効果が期待できても、口に合わなかったら続けることは難しいですよね。

実際に甘酒独特の甘みや風味が原因で、甘酒をまずいと感じている方は多いようです。

また、小さい頃に甘酒を飲んでまずいと思い、大人になってからも敬遠しているという方も少なくはないかもしれません。

 

 

 甘酒にちょい足しするだけ!簡単に美味しくなる食材6選

甘酒はアレンジ次第で独特の甘みや風味を和らげ、飲みやすくすることができます。

まずは甘酒にプラスするだけで美味しくアレンジできるちょい足しレシピを6つ紹介していきたいと思います。

 

生姜&はちみつ

すりおろした生姜とはちみつは甘酒との相性抜群!

身体がポカポカと温まるので、寒い冬の時期や冷房が厳しい夏にもおすすめです。

甘酒はレンジで温めても良いですし、小鍋で煮立ててもOK。

ぜひお好みで味を調整してみてください。

生姜の風味とはちみつの甘さが心も体もホッとさせてくれます。

 

牛乳や豆乳

甘酒を牛乳や豆乳で割ると、甘酒独特の風味が和らぎ飲みやすくなります。

また、牛乳や豆乳に含まれているたんぱく質やカルシウム、大豆イソフラボンなどの栄養素も一緒に摂取できるので、より効率よく栄養を補給することが可能です。

 

ほうじ茶やコーヒー

ほうじ茶ラテやカフェラテの要領で甘酒を加えると、

ラテとはまた違った風味が楽しめる飲み物に仕上がります。

ホットのほうじ茶やコーヒーの方が甘酒独特の風味や甘みが和らぐので、

気になる方はぜひ温めてからちょい足しを試してみてください。

 

レモンや柚子などの柑橘類

美容のために甘酒を飲みたいという方におすすめなのがレモンや柚子などの柑橘系のちょい足しです。

レモンや柚子にはビタミンCが豊富に含まれているため、

甘酒に加えることで美肌のための栄養素を効率よく摂取できるようになります。

また、レモンや柚子に含まれているクエン酸は疲労回復効果が期待できるので、

疲れやすい夏の飲み物としてもおすすめです。

作り方は甘酒1杯に対してレモンや柚子1個を絞って果汁を入れるだけ。

生のレモンや柚子が手に入らない場合は市販の果汁を利用してもOKです。

 

きなこ

温めた甘酒にきなこを加えるだけで、栄養たっぷりの飲み物に仕上がります。

きなこの風味とほんのりとした甘さがクセになる美味しです。

 

ヨーグルト

甘酒とヨーグルトの発酵食品の組み合わせは、

便秘改善や腸内環境を整える効果が期待できます。

特に米麹甘酒とビフィズス菌入りのヨーグルトを一緒に食べることで甘酒とヨーグルトの相乗効果をしっかりと得ることができるそうです。

基本は甘酒とヨーグルトを同量ずつ混ぜるだけでOKですが、

飲み物として摂取したい方は甘酒を多めに、

反対に食べ物として摂取したい方はヨーグルトを多めに加えてみてください。

 

 

料理やお菓子へのアレンジもおすすめ

shutterstock_270271082 (1)

甘酒は相性の良い食材をちょい足しするだけでも味が変化して美味しく仕上がりますが、

料理やお菓子の材料として利用することも可能です。

ここでは、甘酒をまずいと感じる方にぜひおすすめしたい料理やお菓子へのアレンジレシピを5つ紹介していきたいと思います。

 

甘酒プリン

甘酒で作るプリンは甘さも控えめで栄養たっぷりなので、お子さんのおやつにもおすすめです。

作り方はいろいろありますが、甘酒ミルクプリンなら牛乳と甘酒、ゼラチンだけで手軽に作ることができます。

作る手順は、小鍋に材料を全て入れ、ゼラチンが溶けるまでよく加熱して混ぜていき、あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やして固めるだけ。

牛乳が苦手という方は豆乳で代用しても美味しく仕上がりますよ。

 

甘酒アイスクリーム

牛乳の代わりに甘酒で作るアイスクリームは美味しくて栄養もたっぷりと摂取できます。

甘酒には自然な甘みがあるので、砂糖を加えなくてもほんのりとした甘みが感じられるアイスクリームに仕上がりますよ。

イチゴやバナナ、ゴマなどお好みの材料と一緒にミキサーにかけて、冷凍庫で冷やすだけでOKなので、作り方もとても簡単です。

 

ディップソースやドレッシング

甘酒はすりごまやお酢などと合わせると、まろやかな甘みが感じられるドレッシングに仕上がります。

また、お味噌と混ぜて作るディップソースはヘルシーで美味しく、野菜スティックと良く合います。

 

煮込みや照り焼きの隠し味として

甘酒はお肉類との相性も抜群です。

例えば鶏肉や豚肉をあらかじめ甘酒に漬けておいてから照り焼きにすると、お肉がふっくら柔らかく仕上がります。

また、鶏肉のトマト煮込みなど、味が濃い煮込み料理に加えると、甘酒の自然な甘みが隠し味となって美味しいです。

 

パスタやポテトサラダなど洋風のおかずにも

甘酒はトマトパスタやポテトサラダなど、洋風のおかずの隠し味としても役立ちます。

特に味の濃い料理に加えると、甘酒ならではの風味や甘みはほとんど感じなくなるので、甘酒が苦手な方にもおすすめです。

 

 

お気に入りのアレンジ方法を見つけて甘酒を美味しく摂取しよう

7b2b952f4241f32a547681ebe0f65949_s

いかがでしたか?

甘酒をまずいと感じる方の多くは、そのまま飲む以外の方法を試したことのない方だと思います。

甘酒は生姜やはちみつ、きなこなどをちょい足しするだけでも、味や風味が変わって美味しく仕上がるので、ぜひいろいろなレシピを試してみてください。

酒粕のご注文はこちら

ページトップ


shutterstock_792673561 (1)

甘酒や西京漬け、奈良漬など、酒粕と言えば溶かして飲んだり料理に使ったりするイメージが強い方も多いのではないでしょうか。

確かに酒粕は口にする用途の方が多いようですが、実は作物を育てるための肥料としての活用法もあります。

今回はそんな酒粕から作ることができる肥料について紹介していきましょう。

 

食べて良し、飲んでも良し!さらに肥料としても活用できる酒粕

shutterstock_1352015651

酒粕はその栄養価の高さから、近年、特に美容に関心がある女性や健康維持をした方から注目を集めています。

最近は甘酒ブームも到来しましたし、酒粕を使って自分で甘酒を作って飲んでいるという方も多いのかもしれません。

 

一方で、冒頭でも説明したように、酒粕は飲む、食べる以外にも活用法があります。

そのひとつが肥料です。

 

米のとぎ汁や米ぬかを土に混ぜたり植物に与えたりして活用するという話を聞いたことはないでしょうか。

実は酒粕も同じように、肥料して活用することが可能です。

それどころか酒粕には植物の成長に必要なアミノ酸などの成分が豊富に含まれていることから、昔から肥料の材料として重宝されてきたことが分かっています。

 

酒粕が肥料としても優秀な理由

酒粕が肥料として優秀なのは、含有している多種の成分が関係しています。

例えば酒粕は日本酒を作る際に生まれる副産物ではありますが、その製造過程で発酵されるため、酵母を含有しています。

酵母は人間の身体にとっても馴染み深いものですが、実は農業でも重要な役割を担っているのです。

 

例えば酵母は堆肥に含まれている有機物の腐敗を予防したり、アミノ酸肥料と一緒に撒くことでアミノ酸を土の中でキープさせておいたりする作用があります。

酒粕にはもともとアミノ酸が豊富に含まれているため、酒粕から作られた肥料は土壌を豊かにし、植物の成長を促す効果が期待できると言えます。

また、酵母には植物ホルモンを生成し、花を大きくする働きがあるため、トマトやキュウリなど実がなる野菜の肥料として使用されることも多いようです。

 

市販されている酒粕入り肥料は少ない?その理由とは

酒粕は肥料の材料として優秀ではありますが、その一方で市販されている酒粕入りの肥料は実は多くはありません。

酒粕にはもともと6~8%のアルコール分が含まれているため、大量に使用してしまうと害が出てしまう可能性があるからです。

また、酒粕は肥料を作るにあたって保存が難しく、コストもかかってしまうため、肥料として市販するのが難しいことも原因として考えられます。

 

酒粕入りのぼかし肥料を作ってみよう

shutterstock_571108552

酒粕入りの肥料は自分で作ることができます。

作り方はそこまで難しくはないので、ぜひ実践してみてください。

おすすめは酒粕を使ったぼかし肥料です。

 

ぼかし肥料とは

ぼかし肥料とは有機肥料にもみ殻を加えて発酵させた肥料のことです。

そもそも米ぬかや油粕などの有機肥料は微生物が分解することで効果が現れるため、効果の出方が緩やかだというデメリットがありました。

しかし、ぼかし肥料の場合、発酵させてから使うため、もともと微生物が多く含まれており、植物への効果が現れやすいという特徴があります。

 

ちなみに“ぼかし”という名前は、土に米ぬかや油粕を加えて薄めたことから、似ている意味を持つ「ぼかす」という言葉に由来して呼ばれるようになったそうです。

原材料は米ぬかや油粕、牛糞、鶏糞、魚粉など、窒素分を含んでいる有機物なら何でもOKなので、まずは手軽なものから挑戦してみても良いかもしれません。

 

酒粕を入れたぼかし肥料の作り方

実際に酒粕を入れたぼかし肥料の作り方を紹介していきましょう。

今回は米ぬかを主原料としたぼかし肥料を取り上げていきたいと思います。

 

まず材料となるのが米ぬかと酒粕、水、あとは土やもみ殻です。

まずはこれらをすべてよく混ぜ込みます。

酒粕はあらかじめ水に溶かしたものを使うと混ぜ込みやすくなるので便利です。

ポイントは水を入れすぎないこと!

水を加えすぎると腐敗の原因となるので、少しずつ入れていくようにしましょう。

水は目分量でかまいませんが、出来上がった肥料が手で握ると固まる位になるまで加えていきます。

 

次に出来上がった肥料をナイロン袋などに入れ、密封した状態で発酵させていきます。

この時、保管場所は日陰を選びましょう。

季節や温度によって発酵スピードは異なりますが、

夏なら大体1か月、

冬なら2~3か月程度で完成します。

 

酒粕入りぼかし肥料を使ってみよう

shutterstock_649767436

酒粕入りのぼかし肥料は元肥としても追肥としても活用できます。

それぞれの使い方を見ていきましょう。

 

元肥としての使い方

元肥とは植え付けの時に使用する肥料のことです。

ぼかし肥料は先ほども紹介したように、有機肥料と比べて効果が出やすく、窒素含有量も多いため、与えすぎてしまうと病害や虫の被害を招く可能性があります。

そのため、必要量の半分程度を、全体に混ぜ込まずに上層の方だけに混ぜた方が効果的です。

 

追肥としての使い方

追肥とは生育途中に与える肥料のことです。

酒粕入りのぼかし肥料を追肥として与える場合は、表面に少量を与えると良いでしょう。

与えすぎにはくれぐれも注意が必要です。

 

酒粕入りの肥料を使って有機栽培を始めよう

shutterstock_307161773

いかがでしたか?

酒粕入りの肥料は作り方が簡単なうえ、効果も出やすいので、身近な材料と合わせて手作りしてみてはいかがでしょうか。

上手に使ってぜひ有機栽培にも活用してみてください。

酒粕のご注文はこちら

ページトップ


61918fe1c8b81ab210d367a984c1f1b6_s

最近身体へのいろいろな効果で注目されている酒粕。

実際に美容やダイエットに気を使う女性の間で酒粕の甘酒などが人気を集めているようです。

一方で、酒粕の健康効果と言われるとあまりピンとこない方も多いのではないでしょうか。

実は酒粕には含有成分から期待できる健康効果だけでなく、
料理に代用することで減塩生活をサポートしてくれる効果が期待できます。

 

現代人は塩分を摂りすぎ?塩分過多のリスクとは

shutterstock_517613890

「塩分の摂り過ぎは身体に悪い」とはよく聞きますが、
具体的に塩分過多にはどのようなリスクがあるのかご存知でしょうか。

そもそも日本人は、醤油や味噌などの調味料を摂取することが多いため、
塩分摂取量が多い傾向にあることが分かっています。

最近は減塩醤油などの調味料も販売されていることもあり、近年は減少傾向にありますが、
それでも日本人の食塩摂取量は依然として多く、男女ともに目標値を上回っているのが現状です。

人間は体内で塩分濃度を一定に保つ機能を備えています。

例えば塩分を摂り過ぎてしまうと、血液中の塩分濃度を下げるために水分を溜め込もうとします。

その結果、血液量が増加することで起こりやすくなるのが高血圧です。

また、過剰に摂取した塩分を排出するために腎臓に大きな負担がかかり、
腎臓病や尿路結石などの病気につながる可能性もあります。

 

健康維持のためには“攻め”と“守り”の2方向の減塩が大切

塩分量は目に見えるものではないため、
毎日の食生活でしっかりと自己管理する必要があります。

大切なのは普段の食生活で塩分を摂り過ぎないようにする“攻め”と、
体内の塩分排出に効果的な食品を摂るようにする“守り”の2方向から減塩を心がけていくことです。

例えば“攻め”の減塩対策としては、外食でも減塩のメニューを選ぶようにすること、
調味料を使いすぎないようにすることなどが挙げられます。

また、ラーメンやそば、うどんなどのスープをすべて飲んでいるのなら、
少し飲む程度に留めておくことも立派な減塩対策の一つです。

一方で“守り”の減塩対策としては、
体内で塩分排出を促してくれるカリウムやカルシウムを多く含んでいる食品を摂取することが第一に挙げられます。

 

酒粕は塩分0?さらに嬉しい効果も

shutterstock_553761943

ここまで塩分過多のリスクや減塩について紹介してきましたが、
実は塩分が全く含まれていない食品というものもあります。

そのひとつが酒粕です。

酒粕というと奈良漬や西京漬けのイメージで“塩分が多くてしょっぱいもの”と思われる方も多いかもしれませんが、
実は、酒粕は風味は良いものの塩分含有量は0なのです。

さらに酒粕には減塩生活をサポートしてくれる嬉しい効果が他にもあることが分かっています。

 

酒粕には体内の塩分を排出してくれるカリウムも含まれている

酒粕にはリン、マグネシウム、亜鉛など人間が生きていくうえで必要なミネラルが豊富に含まれています。

また、体内で塩分(ナトリウム)を排出してくれる働きがあるカリウムやカルシウムも豊富に含まれているのも酒粕の特徴のひとつです。

例えば酒粕を使って作る代表的な料理のひとつに奈良漬がありますが、
酒粕は瓜などの野菜から塩分を抜きだし、うまみを加えていくために用いられています。

塩漬けされているはずの野菜がしょっぱすぎることなく、
豊かな風味とともに美味しい奈良漬としていただけるのは、酒粕の働きがあってこそだと言えるでしょう。

 

酒粕を代用して美味しく塩分カットしよう

shutterstock_792669808

酒粕には塩分は含まれていませんが、とても風味が良い食材なので味噌や醤油の代用も可能です。

お味噌や醤油の使用量を減らすことができるだけでなく、料理のうまみやコクを引き出してくれます。

 

カレーやシチューのルーを少なめにして酒粕をプラス

カレーやシチューのルーはとても便利ですが、塩分含有量が多いため、ルーを少なめにして酒粕で代用してみましょう。

塩分の量を少なくしてくれるだけでなく、しっかりとコクが出るので美味しく仕上がります。

ちなみに市販のルーを一切使用せず、酒粕と豆乳で作るシチューなら、
さらに塩分控えめでとてもおいしく仕上がるので興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

 

いつものお味噌汁に酒粕を加える

酒粕は味噌との相性が良いため、いつものお味噌汁に味噌を少なめにして酒粕を加えても美味しいです。

風味やコクを出すために加えても良いですし、たっぷりと加えて粕汁にするのもおすすめです。

根菜や豚肉を入れて具沢山の酒粕入りのお味噌汁にすれば、塩分少なめでヘルシーに仕上がります。

 

ホイル焼きなどのおかずにも

酒粕は鮭や野菜を入れて作る石狩鍋にも使われていますが、簡単にホイル焼きにしても美味しいです。

鮭や鱈を酒粕と一緒にアルミホイルで巻いて焼くだけなので簡単ですし、
酒粕を調味料として使うことで塩分控えめに仕上がります。

マイタケやエノキダケなどのキノコ類やネギを一緒に加えると、
野菜のうまみや甘さが出てボリュームもあるおかずになります。

 

和風にも洋風にもアレンジ自在な酒粕を使って減塩を目指そう

shutterstock_1075469465

酒粕と言われると甘酒や西京漬け、奈良漬という印象が強いかもしれませんが、
実は和風だけでなく洋風の料理にもアレンジすることができます。

味噌や醤油の代わりに酒粕を加えることで塩分の使用量を減らすだけでなく、料理のコクやうまみも出してくれるので、
酒粕を代用して美味しく塩分カットしてみてはいかがでしょうか。

酒粕のご注文はこちら

ページトップ


shutterstock_465872360

麦や芋、そば、サトウキビなど焼酎の原料にはいろいろなものがありますが、実は酒粕を元に作られている焼酎もあることをご存知でしょうか?
酒粕を原料に作られる焼酎は「粕取り焼酎」と呼ばれており、お米を原料とする米焼酎とはまた違う特徴を持っています。
今回はそんな粕取り焼酎の種類や特徴、おすすめの飲み方などを紹介していきたいと思います。

 

 

酒粕を使った焼酎「粕取り焼酎」とは

61918fe1c8b81ab210d367a984c1f1b6_s
日本酒を製造するときにできる酒粕には約8%のアルコールが含まれており、このアルコールを蒸留させて作られているのが粕取り焼酎です。
日本酒を製造している酒蔵などでは粕取り焼酎を作っているところも多く、現在は様々な銘柄のものが販売されています。
福岡や九州北部で盛んに製造されており、泡盛と同じくらい長い歴史を持つ焼酎です。

また、粕取り焼酎は製造方法によって「正調粕取焼酎」「吟醸粕取焼酎」の2種類に分類できます。

 

正調粕取焼酎

「正調粕取焼酎」とは、まず酒粕に水を加えて発酵させ、そこにもみ殻を混ぜてせいろ型の蒸留機にかけるという伝統的な製法で作られている粕取り焼酎のことです。
もみ殻独特の香りや風味が強く、飲み応えがあるのが特徴です。

 

吟醸酒粕焼酎

日本酒において、酒米を50~60%以下まで精米して作られるものを吟醸酒や大吟醸酒と言います。
「吟醸酒粕焼酎」とは、この吟醸酒や大吟醸酒の酒粕を再発酵させて作る粕取り焼酎です。
吟醸香と呼ばれる桃やリンゴなどを思わせる爽やかな香りが楽しめるのが大きな特徴で、「正調粕取焼酎」よりもすっきりとした味わいが楽しめます。

 

 

好みが分かれるかも?独特の風味と香りが楽しめる「粕取り焼酎」

shutterstock_792673561 (1)
粕取り焼酎は麦や芋などメジャーな焼酎よりもクセが強めなので、好みが分かれるかもしれません。
ただ、日本酒の香りや風味を感じられるものも多いので、日本酒好きの方なら抵抗なく美味しくいただけると思います。
例えば甘口の日本酒の酒粕を使うと、出来上がった粕取り焼酎も甘口の特徴が残りやすいので、お気に入りの日本酒銘柄の蔵元が作っているものから慣らしていっても良いかもしれません。

 

もみ殻の香ばしさがあるので基本的にはクセが強め

先ほど紹介した2種類の粕取焼酎の中でも、「正調粕取焼酎」は製造過程でもみ殻を使用するため、独特の香ばしさが感じられます。
このもみ殻ならではの香りや風味は通にはたまらないものなのですが、焼酎初心者にとってはクセが強く感じられるかもしれません。
そのため、焼酎に慣れていない方は特に、最初は比較的マイルドで飲みやすい「吟醸酒粕焼酎」から試してみることをおすすめします。

 

日本酒よりアルコール度数は高め?

粕取り焼酎はその製造過程で、酒粕を蒸留し不純物を取り除いていくため、クリアなお酒に仕上がります。
しかしその分アルコール度数は高めで、本格的なものだと40度を超えることも珍しくはありません。

 

 

まずはロックか水割りで!アレンジも自在な「粕取り焼酎」

shutterstock_1284404485
粕取り焼酎はロック、水割り、お湯割りなど他の焼酎と同じ飲み方で美味しくいただくことができます。辛口なものが多いので、まずはロックや水割りで後味のすっきり感を試してみてください。
粕取り焼酎ならではの香りや風味を楽しみたいという方には、香りが引き立つお湯割りもおすすめです。

 

飲みやすくアレンジしてもOK!カクテルにしても美味しい

焼酎初心者という方は特に、ロックや水割り、お湯割りなど定石通りの飲み方では香りが気になってしまうこともあるでしょう。
そんな時におすすめなのが「糖類添加」という粕取り焼酎ならではの飲み方です。
その名の通り甘みを足す飲み方で、砂糖やはちみつ、ガムシロップなど甘味料は何でもOK。
甘みが加わることで口当たりがマイルドになり、飲みやすくなります。

ちなみに粕取り焼酎は昔から農民の間でよく飲まれてきたと言われていますが、当時は今と違って蒸留技術が発展していなかったため、決して飲みやすいお酒ではなかったそうです。
そこで、少しでも飲みやすくするために粕取り焼酎に加えられていたのが甘味料だったとか。
加える甘味料に特に決まりはなく、地方によって異なるので、ぜひお気に入りの甘みをプラスして、飲みやすくアレンジしてみましょう。

ちなみにもう少し飲みやすくしたいという方は、オレンジやレモンなどのかんきつ類を加えてみるのもおすすめです。
スライスしても良いですし、果汁を絞って加えるとカクテルみたいにフルーティーで飲みやすくなりますよ。

 

 

色んなメーカーの「粕取り焼酎」を飲み比べしてみよう

shutterstock_314319935
いかがでしたか?
粕取り焼酎は銘柄によって香りや風味、味わいが異なるので、色々な銘柄のものを飲み比べしてみても楽しいかもしれません。
日本酒やメジャーな焼酎よりも市場に出回っておらず、一般的な酒屋さんでは取り扱っていないところもあるので、確実に手に入れたいならネットでの取り寄せをおすすめします。
焼酎好きや日本酒好きの方は特に、ぜひ通好みの粕取り焼酎を試してみてください。

酒粕のご注文はこちら

ページトップ


shutterstock_148452221
レーズンといえばラム酒に漬けた「ラムレーズン」がメジャーですが、実はレーズンは酒粕に漬けてもとても美味しいんです。
酒粕とレーズンの豊富な栄養価もしっかりと摂れるので、健康や美容にも良いですし、料理に加えたりお菓子に入れたりとアレンジレシピも豊富。
もちろん作り方も簡単です。
今回はそんな酒粕×レーズンの栄養価や作り方、アレンジレシピなどを紹介していきたいと思います。

 

 

美味しいだけじゃない?レーズンの栄養価と嬉しい効果

shutterstock_1044621853
そのまま食べたりラムレーズンにしたり、アイスやパンに加えたりといろいろな食べ方があるレーズン。
そもそもレーズンとは、ブドウを自然乾燥させたもののことで、その栄養価の高さからヨーロッパでは「畑のミルク」と呼ばれているそうです。
まずはそんなレーズンの栄養価や身体への効果について見ていきましょう。

抗酸化作用があるポリフェノール&アントシアニン

レーズンの元となるブドウには、ポリフェノールやアントシアニンが豊富に含まれています。
これらは抗酸化作用を持つ栄養素なので、身体のサビを防ぎ老化を遅らせてくれるアンチエイジング効果が期待できます。

 

腸内環境を整えてくれる食物繊維

レーズンには生のブドウのおよそ4倍もの食物繊維が含まれています。
食物繊維は腸内環境を整え、便通を改善してくれる効果が期待できるので、頑固な便秘に悩んでいる方やポッコリお腹が気になる方にもおすすめです。

 

現代人に不足しがちな鉄分

レーズンには現代人に不足しがちだと言われている鉄分やカリウムなどのミネラル類も豊富に含まれています。
鉄分が豊富な果物としてはプルーンが有名ですが、レーズンはそのプルーンの2倍もの鉄分を含んでいることが分かっています。

 

 

意外なおいしさ!酒粕×レーズンの作り方

61918fe1c8b81ab210d367a984c1f1b6_s
酒粕×レーズンの作り方はとても簡単!酒粕とレーズンを混ぜて置いておくだけです。
冷蔵庫で1週間くらいを目安に漬けこむと、酒粕の風味がレーズンに移り美味しくいただけます。
ラムレーズンとはまた違った、芳醇な香りと和風な味わいが楽しめるので、そのままでお酒のおつまみにもなりますよ。

 

酒粕×レーズンの作り方のポイント

レーズンにはオイルコートされているものとそうではないものの2種類ありますが、酒粕×レーズンにはどちらでも活用できます。
オイルコートが気になるという場合は、一度湯にさらして、キッチンペーパーなどで水気をしっかりととってから酒粕に漬けてもOKです。

酒粕は板状のものだと硬くて混ぜにくいので、あらかじめ日本酒やお水、みりんで少し溶かしてペースト状にしておくと簡単です。

 

 

酒粕×レーズンのアレンジレシピ3選

shutterstock_270271082 (1)
酒粕×レーズンはそのまま食べても美味しいですが、料理やお菓子作りにプラスするといつもと違った味わいを楽しめます。
ここでは酒粕×レーズンのアレンジレシピを3つ紹介していきましょう。

 

アイスと混ぜて和風のデザートに

酒粕×レーズンはアイスとの相性抜群。ラムレーズンアイスとは違って和風のデザートとして楽しめます。

例えばバニラアイスを少し柔らかくしてから、まずは酒粕だけ加えて混ぜ、よく混ざったらレーズンを加えるだけで和風のアイスクリームの出来上がりです。
さらにきなこや黒蜜、黒豆を加えると、見た目もきれいな和風デザートに仕上がります。
酒粕×レーズンの量はお好みで調整してみてくださいね。

 

お酒のアテにもぴったり!酒粕×レーズン×バター

市販のレーズンバターを買わずとも、酒粕×レーズンがあれば好きな時に美味しいレーズンバターが食べられます。
作り方はこちらも簡単で、室温に戻したバターを酒粕とよく混ぜ、そこにレーズンを加えてさっくりと混ぜたら、最後は冷蔵庫で冷やすだけ。
酒粕の量はバターの半分くらいを目安に加えると味のバランスが良くなります。

こちらはそのまま食べてもお酒のおつまみになりますが、酒粕と一緒に砂糖を加えると程よい甘みが出てデザート感覚でいただけます。
ビスケットやクラッカーに挟んでレーズンバターサンドにすると見た目もかわいらしいデザートになりますよ。
ぜひ好みの味付けでアレンジしてみてください。

 

味に深みが出る!ドライカレーに酒粕×レーズンをプラス

酒粕×レーズンはいろいろな料理の隠し味にもなる万能選手です。
例えばドライカレーに加えると味に深みが出ますし、レーズンの食感も楽しい1品に仕上がります。
その他、ラムレーズンと同じようにサラダやパンとの相性も抜群です。

 

 

一度食べたら病みつきになるかも?アレンジ自在の酒粕×レーズン

shutterstock_792673561 (1)
いかがでしたか?
酒粕×レーズンは意外な組み合わせに見えるかもしれませんが、ラムレーズンとはまた違う、芳醇な香りと和の風味が楽しめるので、一度食べたらやみつきになる方も多いかもしれません。
そのままでも日本酒やワイン、ウイスキーなどのお酒のおつまみになりますが、今回紹介したようにお菓子や料理に加えてアレンジしてみるのもおすすめです。
酒粕とレーズンの栄養価をまるごと摂れる酒粕×レーズンを、ぜひご自宅で試してみてください。

酒粕のご注文はこちら

ページトップ


shutterstock_1279417444
「冬になると手がカサカサ」「ひび割れて痛い」など、冬の手荒れにお悩みの方も多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが酒粕を使ったハンドケアです。
酒粕というと甘酒や粕煮、粕漬けの材料というイメージが強いかもしれませんが、実は酒粕は食べる以外にも美容に活用できる優れものなのです。
今回はそんな酒粕の特徴や成分、おすすめの手荒れケア方法などを紹介していきたいと思います。

※酒粕に含まれるアルコール成分が、体質的に肌に合わない方もいらっしゃるため、お試し頂く前に、一度パッチテストをお願い致します。

 

 

そもそも酒粕ってどんなもの?

shutterstock_792673561 (1)

最近は酒粕の健康・美容効果がテレビ番組で紹介されましたし、酒粕に興味を抱かれた方も多いかもしれません。
そもそも酒粕とは日本酒の製造過程で出るもろみを絞ったものです。
酒粕には原材料となる米の栄養素だけでなく、発酵したことで生まれた酵素や細菌類をはじめ、健康や美容に良いとされる成分が豊富に含まれていることがわかっています。

 

 

手荒れにも効く?酒粕の美容・美白効果とは

shutterstock_1047197674
日本酒を作っている杜氏さんの手が白くてしっとりとしているのは、酒粕のおかげだと言われているほど酒粕には肌に効果的な成分が豊富に含まれています。
具体的な成分や効果を詳しく見ていきましょう。

 

「保湿の王様」プロリンでお肌をしっとり保つ

酒粕にはプロリンという必須のアミノ酸の1種が含まれています。
プロリンは「保湿の王様」と呼ばれるほど保湿力が高い成分で、乾燥から肌を守りしっとりとした状態を保つ効果が期待できます。

 

美白成分であるアルブチンやコウジ酸、フェルラ酸が豊富

酒粕には美白成分として知られる成分も豊富に含まれています。
例えば酒粕に含まれているアルビチンは、シミやそばかすの原因となるチロシナーゼという酵素の働きを抑制し、肌を白く保つ効果が期待できる成分です。
その高い美白効果から、アルビチンは「肌の漂白剤」との異名も持ちます。

また、酒粕には同じく高い美白効果が期待できるコウジ酸やフェルラ酸も含まれています。
このうちコウジ酸は麹菌の発酵過程で発生する発酵代謝物質で、チロシナーゼの働きを抑制する作用がある成分です。
そのため美白効果も高いのですが、コウジ酸には活性酸素を減少させる作用もあるため、肌のツヤや弾力を維持する効果もあることが分かっています。
ほかにも、コウジ酸にはAGEsの算出を抑え、年齢とともに起こりやすい肌の黄ぐすみを予防する効果も期待できます。

 

肌のキメを整える麹セラミドやレジスタントプロテインも豊富

酒粕には麹セラミドやレジスタントプロテインといった肌のキメを整える効果が期待できる成分が含まれています。
このうち麹セラミドは味噌や醤油などの麹を使った食材の含有成分でもありますが、特に酒粕には高濃度で含まれていることが分かっています。
また、レジスタントプロテインは食物繊維に似た働きをするタンパク質としてダイエットにも効果的な成分ですが、肌のキメを整えたり肌の水分量を増加させたりといった美容効果も期待できます。

 

 

酒粕で手荒れケア!おすすめの方法2選

shutterstock_1037602753
ここまで紹介してきたように、酒粕には美容・美白効果に優れた成分が豊富に含まれています。
すでに酒粕の有効成分を配合したスキンケア商品なども販売されていますが、ここでは自宅で簡単にできる酒粕を使った手荒れケア方法を2つ紹介していきたいと思います。

 

そのまま塗ってビニール手袋でカバー

酒粕はそのまま手に塗るだけで手荒れ改善効果が期待できます。
やり方は酒粕をハンドクリームのように手のひらや甲にまんべんなく塗り、ゴム手袋をはめて20分位待つだけ。
酒粕を洗い流してみると、手がしっとりと瑞々しくなっているのに驚く方も多いかもしれません。ちなみに手が白くなっているように見えるかもしれませんが、美白に関しては一時的なものなので、維持するためには定期的に酒粕を使ってケアする必要があります。
簡単なので、手が荒れてきたタイミングでぜひ実践してみてください。

 

簡単に作れる酒粕パックならフェイスケアにもおすすめ

ひと手間掛けて作る酒粕パックなら、手荒れケアだけでなくフェイスケアとしても活用できます。作り方はビニール袋に酒粕を細かくして入れ、そこに精製水を加えて良く揉み込むだけ。ヨーグルトよりも少し硬めになったら出来上がりです。
分量は酒粕100gに対して精製水120mlを目安にして調整してみてください。

出来上がった酒粕パックは手の甲や指にまんべんなく塗り、10分ほど放置しましょう。
その後酒粕を水で丁寧に洗い流すと、手がしっとりすべすべになっているはずです。

酒粕パックは先ほども述べたようにフェイスケアとしても活用できますが、手よりも顔の皮膚の方がデリケートなため、まずは手で試してから行うようにしましょう。
敏感肌の方は特に、手で問題なかった場合でも最初は時間短めで試してみることをおすすめします。

ちなみに酒粕パックは冷蔵・冷凍保管も可能です。
冷蔵なら1週間、冷凍なら3週間位を目安に使い切るようにしましょう。
その際は、1回分ずつを小分けにして保管すると、雑菌の混入を予防できるので安全です。

 

 

冬こそ酒粕で手荒れケアしよう

shutterstock_167515460
手が乾燥しやすい冬こそ手荒れ対策は万全に行いたいですよね。
今回紹介したように、酒粕には美白や保湿効果に優れた成分が豊富に含まれているので、手荒れケアにも有効です。
ぜひ酒粕を使った手荒れケアを継続して行ってみてください。

酒粕のご注文はこちら

ページトップ


甘酒 夜 (4)

最近健康に良い飲み物として注目を集めている甘酒。
もともとスーパーやコンビニで販売されていましたが、その優れた効果を知ってから甘酒を手に取るようになった方も多いかもしれません。
そもそも甘酒には酒粕甘酒と米麹甘酒の2種類があり、それぞれで特徴や特に優れている効果などが異なります。
そこで今回は、酒粕甘酒と米麹甘酒の違いや共通点のほか、それぞれの効果を美容やダイエットの面から紹介していきたいと思います。

 

 

酒粕甘酒と米麹甘酒の違い

shutterstock_382180240
酒粕甘酒と米麹甘酒では、原料やアルコール成分の有無、カロリーなどで違いがあります。まず酒粕甘酒は日本酒の製造過程で発生する酒粕を原料とした甘酒で、酒粕をお湯で溶かし砂糖を加えると酒粕甘酒になります。
酒粕甘酒は微量のアルコール分が含まれているので、妊娠・授乳中の方や子どもは飲むのを控えるか、もしくはしっかりと加熱してアルコール分を飛ばしてから摂取する必要があるでしょう。
ちなみに市販の酒粕甘酒の場合、甘さがほとんどないので、飲みやすくするために砂糖などの甘みを足しているものがほとんどです。
そのため、カロリーは比較的高めになっています。

一方で、米麹甘酒は蒸したお米に麹菌を付着して作る米麹を原料とする甘酒です。
酒粕甘酒とは異なりアルコール分が一切含まれていないので、妊娠・授乳中の方や子どもも安心して飲むことができます。
また、米麹甘酒は自然な甘みが感じられるので、砂糖などを足して甘みを出す必要がありません。
そのため、酒粕甘酒に比べてカロリーも控えめになっています。

 

 

酒粕甘酒と米麹甘酒の共通点は?

shutterstock_242381758

酒粕甘酒と米麹甘酒には共通点もいくつかあります。具体的に見ていきましょう。

栄養価の高さ

酒粕甘酒と米麹甘酒の大きな共通点として、栄養価の高さが挙げられます。
実際にどちらもいろいろな栄養素を含んでおり、健康や美容、ダイエットなどさまざまな面での効果が期待できます。

腸内環境を整える効果が期待できる

酒粕甘酒と米麹甘酒には、食物繊維や腸内で善玉菌のエサとなるオリゴ糖がセットで豊富に含まれています。
そのため、どちらの甘酒にも腸内環境を整え便秘解消をサポートする効果が期待できます。

ダイエット&美容効果

酒粕甘酒と米麹甘酒にはダイエットや美容効果も期待できます。
ダイエットに関しては、上記でも紹介したようにどちらも腸内環境を整える作用が期待できるので、便秘解消やお腹周りをすっきりさせる効果が見込めると言えるでしょう。
また、美容に関しては血流を良くし代謝をアップしてくれるビタミンB群や皮膚の状態を整える作用がある麹菌が含まれているため、美肌効果が期待できます。

ただ、ダイエットや美容効果に関しては、目的別で酒粕甘酒と米麹甘酒を飲み分けた方が効果的です。
詳しくは以下で説明していきます。

 

 

酒粕甘酒の特に優れている効果とは

4
酒粕はその製造過程で麹菌と酵母により2度発酵されるため、栄養価がとても高いことが特徴のひとつとして挙げられます。
酒粕甘酒も酒粕同様、栄養価が非常に高く、さまざまな栄養分が凝縮して含まれています。

 

シミ・そばかす対策にも!高い美容効果

美容目的ならば酒粕甘酒の方がおすすめです。

なぜなら酒粕甘酒にはビタミンB群をはじめ、美容に良いとされる成分が豊富に含まれているからです。

・アルブチン&有機リノール酸:シミの元となるメラニン色素の生成に必要なチロシナーゼの働きを抑制する

・スフィンゴ脂質:肌の潤いを保つ

・アミノ酸:肌の材料となる

・セラミド:保湿効果

また、酒粕甘酒には腸内改善に効果的な成分であるレジスタントプロテインも含まれています。腸内環境が整えられることで肌荒れやニキビの改善も期待できるかもしれません。

 

寝つきを良くする

酒粕甘酒には「清酒酵母」という成分が豊富に含まれています。
これは日本酒にも微量に含まれている成分で、深い眠りを促進する「アデノシン」という成分を活性化させる作用があります。
そのため、「夜寝つきが良くない」「寝ても疲れが取れていない気がする」という方は酒粕甘酒を夜寝る前に飲んでみることをおすすめします。

 

 

“飲む点滴”とよばれる米麹甘酒の効果とは

shutterstock_465736343

「甘酒=“飲む点滴”」というイメージを抱いている方も多いかもしれませんが、実は“飲む点滴”と呼ばれる甘酒は、米麹甘酒の方です。

 

ダイエット効果が期待できる

ダイエット目的ならば米麹甘酒の方が効果的と言えるでしょう。
先ほども紹介したように、酒粕甘酒には甘みが無い分砂糖などを加える必要があるので、どうしてもカロリーが高くなってしまいがちです。
しかし米麹甘酒にはブドウ糖やオリゴ糖が豊富に含まれているので、砂糖を加えなくても自然な甘みが感じられます。
また、米麹甘酒ならダイエット中に不足しがちな栄養素を補うこともできるので、ダイエットのお供にぴったりです。

 

疲労回復にも効果的

米麹甘酒は“飲む点滴”という異名の通り、点滴と同じような栄養素が含まれています。
そのため、疲労回復や夏バテ予防・対策にも効果的です。

 

 

目的別で甘酒を飲み分けよう

甘酒 夜 (6)

いかがでしたか?
「甘酒はどれも一緒じゃないの?」と思われている方も多いかもしれませんが、実は酒粕甘酒と米麹甘酒では原材料、アルコール分の有無、カロリー、成分などが異なります。
ぜひ酒粕甘酒と米麹甘酒の特徴を理解したうえで、美容やダイエットなど目的別で飲み分けてみてください。

酒粕のご注文はこちら

ページトップ

Copyright © 酒粕.com | 日本酒と酒粕の専門店「酒乃竹屋」.All Right Reserved.