menu

酒粕のご注文はこちら

× CLOSE

酒粕の購入なら福岡の日本酒専門店「酒乃竹屋」へ

酒粕のご注文はこちら

オフィシャルブログ


shutterstock_644160283

突然ですが「甘酒豆乳」をご存知でしょうか?
甘酒が美や健康を気遣う女性を中心に人気を集めている中、
最近は甘酒豆乳という新しいドリンクも注目を集め始めています。
今回はそんな甘酒豆乳について、その効果や作り方、飲むタイミングなども含め詳しく紹介していきたいと思います。

 

甘酒×豆乳の最強コンビ?甘酒豆乳とは

甘酒 夜 (6)

甘酒豆乳とは簡単に言えば豆乳と甘酒を混ぜた飲み物のことです。
豆乳と甘酒は単品でも栄養価が高く、美容や健康効果が高いと言われていますが、
甘酒豆乳ならその2つの栄養素を同時にたっぷり摂取できるというメリットがあります。
また、甘酒豆乳は甘酒だけで飲むよりも口当たりがさっぱりとしていて、
無調整豆乳だけで飲むよりも甘みが感じられるので、
「甘酒が苦手」「豆乳が苦手」という方でも飲みやすいと評判です。

 

甘酒豆乳の驚くべき効果5選

shutterstock_523056832

近年「飲む点滴」として注目を集めている甘酒と、
昔から女性にうれしい成分がたっぷり含まれていると言われている豆乳。
この2つを混ぜて作る甘酒豆乳には、女性に特にうれしい驚くべき効果が期待できるようです。

便秘解消や腸内環境の改善

甘酒には食物繊維やビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖がたっぷりと含まれているため、
便秘解消や腸内環境の改善効果が期待できます。
また、甘酒はもともと発酵食品でもあるため、整腸作用も見込めると言われています。

痩せやすい体質づくり

甘酒には100種類以上もの酵素が含まれていますが、
その中の一つであるリパーゼは消化酵素の一種で、
脂肪の分解や皮下脂肪・内臓脂肪の燃焼効果が期待できます。
一方で、豆乳にも脂肪の蓄積を防ぐ作用がある大豆サポニンが含まれているため、
甘酒豆乳には脂肪燃焼を促進し痩せやすい体質づくりに役立つ成分がたっぷり含まれていると言えます。
また、甘酒豆乳は程よい甘さが感じられるほか、
甘酒に含まれているブドウ糖が体内で血糖値を上げることで満腹感が得られやすくなるので、
ダイエット中に甘いものが食べたくなった時にもおすすめです。

疲労回復・免疫力アップ

甘酒には代謝を促すビタミンB1、B2、B6などのビタミンB群をはじめ、
エネルギー源となるブドウ糖、筋肉疲労に効果的な必須アミノ酸など、
疲労回復に有効な栄養素が豊富に含まれています。
また、甘酒に含まれているオリゴ糖が腸内で善玉菌のエサとなることで、
腸内に多く存在する免疫細胞の活性化につながるため、
免疫力アップも期待できると言われています。

美肌・美白効果

甘酒にはシミの原因であるメラニン生成を抑制する
コウジ酸が豊富に含まれているため、美白効果が期待できます。
さらに甘酒には肌荒れ改善に有効なビタミン類や
皮膚の状態を整える作用があるビオチンが含まれているほか、
豆乳には強い抗酸化作用を持つビタミンEなどが含まれているため、
様々な角度から美肌効果が見込めます。

お肌のハリ&ツヤアップ

豆乳に含まれている大豆イソフラボンには、
肌のハリ&ツヤアップに欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸生成を促進する効果が期待できます。
これは肌だけでなく髪にも作用するので、美髪効果も期待できると言われています。

 

甘酒豆乳の作り方

shutterstock_504504346

甘酒豆乳は市販の甘酒と豆乳を混ぜるだけで完成するので、作り方はとても簡単です。
甘酒と豆乳の割合は1:1が一般的ですが、好みで調整してもOK。
アイスでもホットでも美味しくいただけますが、甘酒に含まれている酵素やビタミン類は熱に弱いので、
温めすぎてしまうとせっかくの栄養素が十分に摂取できない可能性があります。
そのため、温めて飲む際は60度以上にならないよう気を付けましょう。

ちょい足しレシピでより飲みやすくアレンジしても◎

「甘酒豆乳だけだと飲みにくい」という方は、
ちょい足しレシピで飲みやすくアレンジしてみてはいかがでしょうか。
ココアやはちみつ、バナナなどのフルーツをちょい足しすると、
甘みが出て飲みやすくなりますし、抹茶なら和風の味が楽しめます。

 

飲むタイミングは朝or夜がおすすめ

shutterstock_249062593

甘酒豆乳の効果を十分に得るためには、目的によって飲むタイミングを使い分けることが大切です。
例えばダイエット目的で甘酒豆乳を飲むのならおすすめのタイミングは朝になります。
満腹感が得やすい甘酒豆乳は朝ごはん代わりにも最適ですし、
朝甘酒豆乳を飲むことで、活動時間に脂肪燃焼効果が働きやすくなるからです。
一方で、美白・美肌効果や疲労回復に重点を置くのなら、夜寝る前のタイミングがベストです。
夜飲む際は体をリラックスさせるためにもホットで飲むことをおすすめします。

 

作り方も簡単な甘酒豆乳 飲みやすくアレンジして美味しく続けよう

shutterstock_1059562943

いかがでしたか?
甘酒豆乳は美容や健康、ダイエットないろいろな効果が期待できるうえ、
作り方も簡単なスーパードリンクです。
ただ、飲みすぎてしまうとカロリーオーバーに繋がるので、
1日コップ1杯(200ml程度)を目安に摂取するようにしましょう。
アレンジ次第で飲みやすくもなるので、
ぜひ毎日の生活に甘酒豆乳を美味しく摂り入れてみてください。

酒粕のご注文はこちら

ページトップ


shutterstock_372220669
3月3日は女の子の成長を祝うひな祭り。
端午の節句と対で桃の節句とも呼ばれるひな祭りの定番と言えば甘酒ですよね。
でも、なぜひな祭りに甘酒を飲む習慣があるのか、
いつから始まったのかなど詳しくはご存知ない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はひな祭りと甘酒の関係性や歴史について詳しく紹介していきたいと思います。

 

ひな祭りの歴史とは

shutterstock_569455963

ひな祭りの歴史は古く、その起源は中国から伝わってきた「上巳の節句」にあると言われています。
「上巳の節句」とは3月の最初の巳の日に行われる厄払いの儀式のことで、
中国ではこの日、水辺で身を清め、邪気を払うとされていた「桃花酒」を飲んで宴会を催し、
災厄を祓うという風習がありました。
日本ではこの行事が遣唐使により平安時代頃に伝わると、
宮中行事として取り入れられるようになります。
当時は「上巳の節句」として水の流れに盃を流し、
自分の前を通り過ぎるまでお酒を飲んだり和歌を詠んだりする
「曲水の宴(きょくすいのうたげ)」が催されていたほか、
紙や木で人間の形を作る「人形(ひとがた)」で自分の身体を撫でて厄を移し、
水に流して祓う風習などが行われていました。
ちなみに「人形」の風習は、現在も一部の地方で「流し雛」と名前を変えて行われています。

また、平安時代には貴族の子供たちの間で、
「ひいな遊び」という人形を使ったおままごとのような遊びが流行していました。
この頃、「ひいな遊び」で使った人形が代わりに厄を受けてくれるという考えが広まり、
「人形」として川に流されるようになります。
これがひな人形の起源だと考えられています。

江戸時代になると「人形」を川や海に流すのが難しくなったことで、
家の中にひな人形を飾り祀るようになっていきました。
その後ひな人形は雛道具とともには豪華な誂えのものになっていき、
それを飾る「上巳の節句」はひな祭りとして親しまれるようになっていったのです。

もともとは女の子の成長を祝う行事ではなかった?

ひな祭りは今となっては女の子の成長を祝う行事として浸透していますが、
前述したようにもともとは厄払いの儀式として中国から伝わってきた風習でありました。
しかし江戸時代になると、徳川幕府が五節句に「上巳の節句」を指定したことで、
3月3日のひな祭りは5月5日の端午の節句と対を成す、
女性向けの行事として広く浸透していくようになります。
江戸時代中頃には女の子の誕生と成長を祝う「初節句」の風習も生まれ、
幕府の大奥でも行事が行われていたと言われています。

桃花酒から白酒、そして甘酒へ

現在ではひな祭りの定番といえば甘酒ですが、
「上巳の節句」ではもともと桃の花を漬けた桃花酒というお酒を飲む風習がありました。
中国では昔から桃は邪気を払うと考えられていたほか、
「百歳(ももとせ)」に通ずるとして縁起が良いとされてきたからです。
日本でも最初は桃花酒を飲む風習がありましたが、
江戸時代になると桃の花との色彩の対比が美しい白酒が飲まれるようになったと言われています。

他のお供え物にも意味がある?ひなあられや菱餅に込められた思い

ひなあられや菱餅など、ひな祭りには独特のお供え物や食文化がありますよね。
これらは決して無意味なのではなく、ひとつひとつに願いや思いが込められているのです。
例えばひなあられはピンクや緑、白などカラフルな色付けがされていますが、
これらは四季を表しており、「1年間女の子が健康に過ごせますように」という願いが込められています。
また、菱餅はピンク、白、緑の3色で作られていますが、
ピンクは魔除け、白は純潔、緑は健康を表現しており、
ここにも女の子の成長を願う思いが込められていることが分かります。

 

白酒と甘酒は違う飲み物?それぞれの特徴は

shutterstock_766311055

先ほど紹介したように、江戸時代頃から日本ではひな祭りに白酒を飲む風習がありました。
この白酒は甘酒と見た目はそっくりですが、
実はアルコール度数やる作り方などが全く異なる別物です。
ここではその違いを紹介していきましょう。

白酒はアルコール度数がかなり高いれっきとしたお酒

白酒はアルコール度数が9%前後あるれっきとしたお酒です。
蒸したもち米や米麹に焼酎やみりんを加え、
1か月以上熟成させた後に石臼などですりつぶして作られます。
アルコール度数が高いため、昔はぐびぐび飲むというよりは舐める程度に嗜むお酒だったそうです。
ちなみに酒税法ではリキュール類に分類されているので、自宅などで製造するのはご法度です。

甘酒はノンアルコールとアルコールを含むものの2種類ある

アルコール度数が高く、子どもが飲むには適さなかった白酒に変わり、
ひな祭りの定番として広く親しまれるようになったのが甘酒です。
幼少期に、ひな祭りで甘酒を飲んだ経験がある女性も多いかもしれませんね。

一方で、甘酒は米麹から作る「米麹甘酒」と酒粕から作る「酒粕甘酒」の2種類があります。
どちらもスーパーやコンビニで気軽に購入することができますが、
「酒粕甘酒」はアルコール分を多少含むので、
ひな祭りでお子さんと飲む際はノンアルコールの「米麹甘酒」の方が良いでしょう。

 

ひな祭りの時だけじゃもったいない!甘酒を毎日飲んで健康的な生活を送ろう

shutterstock_1079493452

今や当たり前のように行われているひな祭りは、もとは中国から伝わり、
日本らしく変貌を遂げた行事でもあります。
そんなひな祭りの定番として親しまれている甘酒ですが、
近年豊富な栄養価を含む飲み物として注目されています。
健康や美容、ダイエット効果が期待できると評判の甘酒を、
日常生活でも摂り入れてみてはいかがでしょうか。

酒粕のご注文はこちら

ページトップ

Copyright © 酒粕.com | 日本酒と酒粕の専門店「酒乃竹屋」.All Right Reserved.