menu

酒粕のご注文はこちら

× CLOSE

酒粕の購入なら福岡の日本酒専門店「酒乃竹屋」へ

酒粕のご注文はこちら

オフィシャルブログ


61918fe1c8b81ab210d367a984c1f1b6_s

近年、“飲む点滴”と呼ばれ、「身体に良い飲み物」と言うイメージが浸透してきた甘酒。

実際に甘酒は栄養価も高く、さまざまな栄養素がバランス良く含まれているため、美容や健康、さらにはダイエットにも効果的だと考えられています。

一方で、甘酒の原料にもなる酒粕には、お腹の調子を整える成分として有名な乳酸菌までもが含まれているという話を聞いたことはありませんか?

今回はそんな酒粕と乳酸菌、甘酒の3つの関係性についてお話していきたいと思います。

 

酒粕にはもともと乳酸菌が含まれている

a0f8d7ab570d1e2ec993c68c42b16a4f_s

そもそも酒粕とは、日本酒を作る過程で生まれる副産物のことです。

お米に麹菌を散布し、発酵させて作る米麹に、さらに酵母を加えて発酵させたものが酒粕です。

2度発酵させることで栄養分がギュッと凝縮されて含まれているため、酒粕は栄養価がとても高く、発酵食品のひとつとしても近年注目を集めています。

また、酒粕には製造過程においてもともと乳酸菌が含まれていることが分かっています。

特に酵母を増殖させるために行う「酒母造り」という過程で、雑菌の繁殖を抑制させるために乳酸菌を加えるような「生もと造り」「山廃造り」といった伝統的な方法で作られた酒粕には乳酸菌が比較的多く含まれているそうです。

 

酒粕甘酒と米麹甘酒、乳酸菌が含まれているのはどっち?

甘酒 夜 (4)

甘酒には酒粕から作る酒粕甘酒と、米麹から作る米麹甘酒の2種類がありますが、どちらのタイプの甘酒にも乳酸菌が含まれていることが分かっています。

まず、先ほど紹介したように、酒粕甘酒の原料となる酒粕にはもともと乳酸菌が含まれているので、酒粕甘酒からも乳酸菌は摂ることが可能です。

一方で、米麹甘酒の場合、その製造過程で空気中を漂っていたり人の身体に付着していたりする乳酸菌が混入し、糖を分解しながら増殖していくため、甘酒になってからも乳酸菌は含まれているそうです。

また、麹に棲みついている乳酸菌は、性質的に塩分濃度が高くなると活性化しにくくなるそうですが、甘酒にする場合は塩分が多い環境におかれることがないため、増殖しやすい傾向にあると考えられています。

 

酒粕甘酒、米麹甘酒に含まれている乳酸菌とは?

shutterstock_645408724

酒粕甘酒と米麹甘酒で含有している乳酸菌の種類は異なります。

まず、米麹甘酒に「球菌」と呼ばれる種類の植物性乳酸菌が多く含まれており、腸内環境改善や免疫力アップなどの効果が期待されています。

一方で、酒粕甘酒に含まれているのが、K-2乳酸菌という種類の植物性乳酸菌です。

近年の研究結果によると、K-2乳酸菌には身体に嬉しい3つの効果が期待できることが明らかになりました。

 

腸内環境を改善

K-2乳酸菌は植物性乳酸菌の一種なので、腸内環境を整える効果が期待できます。

植物性乳酸菌そのものを摂取すれば腸内の乳酸菌も増えますし、甘酒には善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖も多く含まれているので、ダブルの効果で腸内環境改善に役立つと考えられます。

 

アトピー性皮膚炎の症状を緩和

K-2乳酸菌を摂取することで、アトピー性皮膚炎の症状が緩和するという研究結果が出ています。

また、K-2乳酸菌には、亀裂や出血といった皮膚症状の悪化を和らげる効果も期待できるそうです。

 

スギ花粉症の症状を軽減

K-2乳酸菌には、スギをアレルゲンとする花粉症の症状を軽減する作用もあるそうです。

実際にスギ花粉による花や目の症状が緩和されるという調査結果も明らかになっています。

 

甘酒には乳酸菌の高い健康効果は期待できない?

甘酒 夜 (5)

そもそも乳酸菌を増殖させるためには乳酸発酵させる必要があるのですが、そうすると味が酸っぱくなりすぎてしまい、甘酒本来の美味しさが保てなくなるため、甘酒にはそこまで大量の乳酸菌は含まれていません。

実際に市販の甘酒は、美味しさや風味を保持させるために、ある程度発酵が進んだところで加熱し、乳酸菌を死滅させているものがほとんどです。

そのため、甘酒からはヨーグルトや乳酸菌サプリ、乳酸菌飲料と同じくらい大量の乳酸菌が摂取できるわけではありません。

ただ、乳酸菌には死滅しても菌体成分に免疫力アップなどの効果が見込めるものもあるので、市販の甘酒にも乳酸菌の健康効果が期待できると考えられます。

また、甘酒には乳酸菌以外にもさまざまな栄養素がバランス良く含まれているほか、身体への吸収率も良いというメリットもあります。

例えば腸内環境の改善という面でも、甘酒にはもともと食物繊維やオリゴ糖など、腸内の善玉菌のエサとなる成分が豊富に含まれているので、十分な効果が期待できます。

 

まとめ

甘酒 夜 (6)

いかがでしたか?

甘酒には酒粕から作る酒粕甘酒と米麹から作る米麹甘酒の2種類がありますが、そのどちらにも乳酸菌は含まれています。

特に酒粕にはK-2乳酸菌という植物性の乳酸菌が含まれており、腸内環境の改善やアトピー性皮膚炎の症状改善、スギ花粉症の軽減などさまざまな効果が期待できるそうです。

また、甘酒には乳酸菌以外にも健康や美容に良い成分がバランス良く含まれているので、積極的に摂取すれば嬉しい効果が得られるかもしれません。

 

■こんな記事も読まれています

酒粕のご注文はこちら

ページトップ

スポンサーリンク

Copyright © 酒粕.com | 日本酒と酒粕の専門店「酒乃竹屋」.All Right Reserved.