menu

酒粕のご注文はこちら

× CLOSE

酒粕の購入なら福岡の日本酒専門店「酒乃竹屋」へ

酒粕のご注文はこちら

オフィシャルブログ


甘酒 夜 (4)

甘酒といえば温めて飲む冬の飲み物というイメージが強いと思いますが、実は昔は夏の飲み物の定番だったことをご存知でしょうか?

実際に甘酒は俳句の世界では夏の季語であり、江戸時代には熱中症や夏バテ予防の栄養ドリンクとして甘酒が広く浸透していたそうです。

そこで今回は、甘酒が熱中症対策に良いとされる理由やおすすめの飲み方について紹介していきたいと思います。

 

甘酒が熱中症対策や夏バテ予防に効く3つの理由

shutterstock_1125986537

甘酒はもともと神事用として用いられていましたが、江戸時代になると現在の京都・大阪を中心に庶民の間で広く浸透したと言われています。

特に夏場は街中に甘酒売りが現れるほど需要があり、夏バテ予防や滋養強壮の栄養ドリンクとして甘酒を飲む人が多かったそうです。

また、甘酒には米麹甘酒と酒粕甘酒の2種類がありますが、熱中症対策や夏バテ予防に効果的なのは米麹甘酒の方です。

アルコール分を含んでいない米麹甘酒なら、子供や妊娠・授乳中の女性も安心して飲むことができますし、砂糖も加えられていないのでダイエット中の方にもおすすめです。

まずは、そんな甘酒が熱中症対策や夏バテ予防に効果的な理由を3つ紹介していきましょう。

発汗で失われがちな水分や塩分をバランスよく摂取できる

そもそも熱中症は大量の汗をかくことで体内の水分やナトリウムといった成分が失われてしまうことが原因で起こると考えられています。

そのため、熱中症対策として大切なのが、発汗で失われがちな水分や塩分を適度の摂取することです。

さらに適量の糖分も一緒に摂取することで、水分や塩分の吸収が促進されるため、水分、塩分、糖分をバランスよく摂取することができればベストだと言えます。

米麹を原料とする米麹甘酒の場合、この水と塩分と糖分がバランスよく含まれているため、熱中症対策にも有効だと考えられています。

ちなみに甘酒の塩味と言われてもピンとこない人も多いかもしれませんが、甘酒にはもともとナトリウムが適量含まれているので、熱中症対策だからと言って塩を足す必要はありません。

そのまま飲むだけで、熱中症対策や夏バテ予防に効果が期待できるんです。

ビタミン類とアミノ酸を同時に摂取できる

「必須アミノ酸」という成分をご存知でしょうか?

人体を作るためには20種類ものアミノ酸が必要ですが、そのうち体内で生成できないもののことを必須アミノ酸と言います。

必須アミノ酸は人体の臓器や筋肉などを作るだけでなく、疲労回復や食欲不振などにも効果があると考えられているため、まさに夏バテに有効な成分のひとつでもあるのです。

ちなみに体内で生成できない必須アミノ酸は食事などから摂取する必要があるのですが、その全9種類ある必須アミノ酸をすべて含んでいるのが甘酒です。

さらに甘酒なら、アミノ酸の効果を高めるビタミンB1、B2、B6といった成分も一緒に摂取できるので、熱中症対策や夏バテ予防への高い効果が期待できます。

 体内で水分を保持する働きがあるタンパク質が豊富

甘酒にはアルビミンというタンパク質が豊富に含まれています。

アルビミンとは人体の血液の大半を占めているタンパク質で、体内で水分を保持する働きがあります。

そのため、体内でアルビミンが不足すると水を飲んでも保持できなくなってしまい、熱中症にかかりやすくなるそうです。

また、そもそもタンパク質を摂取して血が増えると体の熱が逃げやすくなる効果も期待できるため、タンパク質を多く含む甘酒を飲むことは熱中症対策にも有効な手段だと言えます。

甘酒を飲むなら朝がおすすめ

shutterstock_776859262

熱中症対策や夏バテ予防として甘酒を飲むタイミングは朝がおすすめです。

朝甘酒を飲んでおけば、エネルギー源となるブドウ糖や体内の水分保持に役立つタンパク質も効率よく摂取できるので、1日を元気に過ごすことができるはずです。

また、甘酒ならそのまま飲むだけでOKなので、朝食欲が湧かない時や忙しい時の朝食代わりにもおすすめです。

そのまま飲んでも、アレンジしても◎

暑い夏はどうしてもキンキンに冷たい飲み物が欲しくなりますよね。

甘酒ならキンキンに冷やしても美味しくいただけますし、お腹が弱い方なら冷やし過ぎない程度の温度で飲むなど、自分に合った方法で続けることが可能です。

そのまま飲んでももちろん美味しい甘酒ですが、思い思いにアレンジしてみるのもおすすめです。

例えば甘酒にバナナやキウイフルーツといったカリウムを多く含む食材と加えることで、熱中症にかかった時の回復力を高める効果が期待できるようになります。

また、甘酒に含まれていないビタミンCを含有しているレモンやイチゴを加えることで、より優れた疲労回復効果が見込めるでしょう。

このように甘酒に果物をプラスしてアレンジすることでフルーティーな味わいになって飲みやすくもなるので、甘酒独特の甘みやまろやかさが苦手だという方にもおすすめです。

 

甘酒を習慣的に取り入れて、快適な夏を過ごそう

甘酒 夜 (5)

いかがでしたか?

甘酒は体を温めてくれる冬の飲み物と思われがちですが、実は熱中症対策や夏バテ予防に効く夏の定番でもあります

朝甘酒を飲むと一日のエネルギーチャージにもなるので、朝食代わりに1杯飲む習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

ちなみに甘酒は1日コップ1杯(200ml程度)が適量です。

適量の甘酒を飲む習慣をつけて、夏バテ知らずの身体を手に入れましょう!

■こんな記事も読まれています

酒粕のご注文はこちら

ページトップ

スポンサーリンク

Copyright © 酒粕.com | 日本酒と酒粕の専門店「酒乃竹屋」.All Right Reserved.