menu

酒粕のご注文はこちら

× CLOSE

酒粕の購入なら福岡の日本酒専門店「酒乃竹屋」へ

酒粕のご注文はこちら

オフィシャルブログ




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5764348484401529"
data-ad-slot="2417195571"
data-ad-format="auto">

酒粕やみりんに漬け込まれた魚や瓜などの野菜は、独特の旨味と風味がたまらなく美味しいですよね。その美味しさを損なわずに調理するためには、いったいどうすればよいでしょうか?

例えば、「粕漬けの魚や瓜は洗ってから食べるのが正しい?」「粕漬けの魚を焦げないように焼くためにはどうすればいいの?」などで迷っている人が多いようです。そこで今回は、粕漬けの魚や瓜などの美味しい食べ方についてご紹介します。

粕漬けは調理前に洗うのが正解?

eb7c2f00d747eeb7a6860e0cdd44ee69_s

魚や瓜など野菜の粕漬けは、粕がたっぷりついた状態で売られています。粕漬けを買ったのはいいけど・・・食べる前に洗うのが正しいの?と疑問を感じている方も多いようです。はたして、粕漬けは洗うものなのでしょうか?洗わないものなのでしょうか?それは、魚と野菜では少し違います。

魚の場合

魚の粕漬けは、そのまま焼くと焦げやすいので、ペーパータオルなどで取り除くか、水で洗うのが正解です。

瓜などの野菜の場合

瓜などの野菜の粕漬けは、水で洗わずに布巾などで酒粕を取り除いてから、食べやすい大きさに刻んで食べるのが正解です。
このように、同じ粕漬けでも魚と野菜では、洗う洗わないの処理方法が違います。

魚の粕漬けを焼く前の準備方法

a0002_007738

それでは、魚の粕漬けの焼くまでの処理方法を簡単ご紹介します。

ガーゼなどに包まれている場合

魚の切り身がガーゼなどで包まれて販売されていた場合は、水では洗わずにキッチンペーパーなどで粕を取り除きます。キッチンペーパーを使わずに手で取り除くだけでも構いません。

1. 魚の切り身を包んでいるガーゼをはがします。
2. キッチンペーパー、清潔な布巾、手などで粕を取り除きます。魚の水分が多い場合は、キッチンペーパーか布巾を使って水分も取り除きます。

本漬けでしっかり漬け込まれている場合

本漬けの場合は、魚の身にしっかりと酒粕の風味などが染み込んでいますから、表面にある粕は水で洗い流しても大丈夫です。
粕が焦げて魚の粕漬けが台無しにならないためにも、水で粕を落としておきましょう。

魚の粕漬けの焼き方

a0002_011592

粕漬けの魚の焼き方は、使う調理器具によって違います。それぞれの調理器具の焼き方をご紹介します。

半面式のグリルを使った焼き方

1. グリルにいつも通り水を張ったらグリルの網に魚がくっつかないようにするために、アルミを敷きます。さらに、オイルを薄く塗っておくと焦げつきを防げます。

2. 粕を取り除いた魚は、皮を上にして乗せたら、表を弱火で6分程度、裏も弱火で4分程度焼きます。
焼く時間はあくまでも目安なので、魚の焼き具合を見ながら焼きましょう。
焼き上がりは、少し表面に焦げがある方が美味しいです。
食べ方としては、焼きあがったらすぐに器に盛り、温かいうちに食べるのがポイントです。

両面式のグリルを使った焼き方

1. グリルにいつものように適量の水を張ります。両面の場合は、アルミは敷かずに網にオイルを塗ることでくっつきを防ぎます。
2. 皮を上にして粕を取り除いた魚を乗せます。

3. 表も裏も弱火で6分程度焼きましょう。魚によって焼け具合が違いますので、よく見ながら焼いていきます。

表面に少しだけ焦げがあるくらいの方が美味しくいただけます。

オーブンシート&フライパンを使った焼き方

グリルを使わなくてもフライパンでも粕漬けの魚がふっくら焼けます。
ポイントはオーブンシートを使う点です。
洗い物も減るので時短にもなりますね。

1. オーブンシートをフライパンの底と同じ大きさに切り、フライパンに敷いたら弱火で加熱します。

2. 粕を取り除いた魚は、皮を上にしてフライパンに乗せたら蓋を閉めます。
目安としては4分くらい焼きます。
3. 蓋を開けて魚を裏返したら、再び蓋を閉めて3分ほど焼きます。
オーブンシートを使うとフライパンを汚さずに、魚もくっつかずに簡単に焼けます。

オーブントースターを使った焼き方

オーブントースターを使って粕漬けの魚を焼く方法もあります。

1. オーブントースターの場合も片面グリルと同じく、網に魚がくっつかないようにするためにアルミを敷きます。
さらに、魚の脂がこぼれ落ちないようにするためにアルミの端を折ります。
アルミの上に薄くオイルを塗ると、さらにくっつきを防止できます。

2. 粕を取り除いた魚の皮を上にして乗せたら、だいたい5分程度焼きます。

3. ひっくり返して裏は4分程度焼きます。

時々様子を見ながら、焼くのを中断したり、焼く時間を延ばしたりなどで調節しましょう。

このように、粕漬けの魚の食べ方は、粕の落とし方や焼き方によって違ってきます。

瓜の粕漬けの調理法と食べ方

aa55a6deda002cef6981ba2d2ad44df3_s

最後に、粕漬けの瓜などの食べ方です。

粕を落とすときは水洗いはせずに、濡れた布巾や手で粕を取り除いてから、食べやすい大きさに切って食べます。瓜は櫛形に切ることが多く、大根やキュウリは薄切りが多いです。

酒粕の強い香りが苦手な人は、切ってから少し置いておくとアルコールが飛んで食べやすくなります。
それでも食べにくい場合は、お茶漬けやお味噌汁、おにぎりなどに使うと、美味しくいただけます。

まとめ

a0002_011588

粕漬けの食べ方は、魚の場合は粕の取り除き方と焼き方にコツがあります。
粕漬けの状態や家庭での調理器具によって方法が違います。

粕漬けの瓜などの野菜の食べ方は、水洗いせずに粕を取り除いてから刻むのが基本です。
それぞれの食べ方を正しく、美味しくいただけるといいですね。

■こんな記事も読まれています

酒粕のご注文はこちら

ページトップ

スポンサーリンク

Copyright © 酒粕.com | 日本酒と酒粕の専門店「酒乃竹屋」.All Right Reserved.