menu

酒粕のご注文はこちら

× CLOSE

酒粕の購入なら福岡の日本酒専門店「酒乃竹屋」へ

酒粕のご注文はこちら

オフィシャルブログ




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5764348484401529"
data-ad-slot="2417195571"
data-ad-format="auto">

奈良漬をよく食べる方はとくに感じることかもしれませんが、奈良漬の酒粕をそのまま捨てるのはもったいないですよね。今回はそんな方のために奈良漬で使っている酒粕を効果的に利用する方法について紹介していこうと思います。この酒粕には驚きの利用法が多く存在しますので、ぜひ活用してみてください。

奈良漬の酒粕って何?

a0002_001107

奈良漬の酒粕についてまだ知らない方もいらっしゃると思うので、簡単に奈良漬の紹介と酒粕について紹介いたします。

奈良漬とは

奈良漬とは瓜、きゅうりなどを何度も酒粕につけて作る漬物のことです。奈良漬というと一種類の野菜からできているものと考えがちですが、多くの種類の野菜で作ることができます。主な用途としては食事のおかずやお酒のつまみなどで親しまれています。

酒粕とは

奈良漬を作る際に使う酒粕とは、日本酒の「もろみ」というものを圧縮させてそれを絞った際に残る固形物のことです。そんな奈良漬・酒粕ですが、上記で述べたように奈良漬を食べ終わった後の酒粕は基本的に捨ててしまう場合が多いですがこれは非常にもったいないのです。それでは早速、奈良漬の酒粕の効果的な利用法について紹介していこうと思います。

酒粕はからだに嬉しい食品です

a1600_000195

酒粕には多くの酵素と言われるものが含まれています。酵素は人間の肌環境を整えると言われています。この酒粕の摂取の方法としてお手軽なのは、毎日の朝食の味噌汁に入れることです。

他にもある酒粕の再利用法

酒粕はとても多くの使い方があります。その一部を紹介すると「クッキーを作る」「調味料として使う」「化粧水を作る」「お風呂に入れる」「水で溶いて飲む粕酒にする」「お肌にパックをする」などです。この中でも特にお手軽なのが、「お風呂に入れる方法」と「化粧水を作る」という方法です。これらの方法の良いところはアルコールに弱い人でも気にせずに実践できるという点です。ただし、合わない場合もありますので、お肌につける場合は一度軽く付けてみてから使用してください。

料理をするときに一手間!酒粕で肉を柔らかく

a0006_002348

酒粕は酵素の働きにより肉を柔らかくするという効果があります。特に鶏肉などに対してはかなりの効果を発揮します。鶏肉で料理を作る際にはこれから紹介する方法で下ごしらえを作ってみてください。

1:ビニール袋に鶏肉1枚と酒粕大さじ2杯を入れる
2:みりんを大さじ1加える
3:醤油大さじ1を加える
4:一晩寝かせる

手順はこれだけです。これだけで鶏肉を柔らかくする効果と下味の両方ができます。
ここからは好きな料理に鶏肉を利用すればいいのです。これだけをするだけで味や食感は大きく変わってきます。

酒粕のアルコールを飛ばす方法

a0960_004097

先ほど紹介したように酒粕にはアルコールが含まれているため、そのまま摂取するとその後の運転などは控えたほうがいい状態になってしまいますが、どうしても酒粕が摂取したいという方もいますよね。
そんな方には酒粕のアルコールを飛ばすという方法が効果的です。アルコールの飛ばし方は加熱が必要です。その加熱には78度以上の加熱が必要です。加熱の時間としては5分程度で十分です。もし、すでに調理が済んでしまった料理に加える場合には料理とは別で加熱する方法が効果的です。酒粕を水に溶かして酒粕水にしてから78度以上で5分間加熱してから料理に加えるようにしましょう。

アルコールは成分の性質上、加熱されることで空気中に飛んでいきます。その性質を利用することでいつでも酒粕を摂取できます。
継続的に摂取することでからだに嬉しい酒粕の利用方法をぜひお試しください。

■こんな記事も読まれています

酒粕のご注文はこちら

ページトップ

スポンサーリンク

Copyright © 酒粕.com | 日本酒と酒粕の専門店「酒乃竹屋」.All Right Reserved.