menu

酒粕のご注文はこちら

× CLOSE

酒粕の購入なら福岡の日本酒専門店「酒乃竹屋」へ

酒粕のご注文はこちら

オフィシャルブログ


甘酒 夜 (4)

最近健康に良い飲み物として注目を集めている甘酒。
もともとスーパーやコンビニで販売されていましたが、その優れた効果を知ってから甘酒を手に取るようになった方も多いかもしれません。
そもそも甘酒には酒粕甘酒と米麹甘酒の2種類があり、それぞれで特徴や特に優れている効果などが異なります。
そこで今回は、酒粕甘酒と米麹甘酒の違いや共通点のほか、それぞれの効果を美容やダイエットの面から紹介していきたいと思います。

 

 

酒粕甘酒と米麹甘酒の違い

shutterstock_382180240
酒粕甘酒と米麹甘酒では、原料やアルコール成分の有無、カロリーなどで違いがあります。まず酒粕甘酒は日本酒の製造過程で発生する酒粕を原料とした甘酒で、酒粕をお湯で溶かし砂糖を加えると酒粕甘酒になります。
酒粕甘酒は微量のアルコール分が含まれているので、妊娠・授乳中の方や子どもは飲むのを控えるか、もしくはしっかりと加熱してアルコール分を飛ばしてから摂取する必要があるでしょう。
ちなみに市販の酒粕甘酒の場合、甘さがほとんどないので、飲みやすくするために砂糖などの甘みを足しているものがほとんどです。
そのため、カロリーは比較的高めになっています。

一方で、米麹甘酒は蒸したお米に麹菌を付着して作る米麹を原料とする甘酒です。
酒粕甘酒とは異なりアルコール分が一切含まれていないので、妊娠・授乳中の方や子どもも安心して飲むことができます。
また、米麹甘酒は自然な甘みが感じられるので、砂糖などを足して甘みを出す必要がありません。
そのため、酒粕甘酒に比べてカロリーも控えめになっています。

 

 

酒粕甘酒と米麹甘酒の共通点は?

shutterstock_242381758

酒粕甘酒と米麹甘酒には共通点もいくつかあります。具体的に見ていきましょう。

栄養価の高さ

酒粕甘酒と米麹甘酒の大きな共通点として、栄養価の高さが挙げられます。
実際にどちらもいろいろな栄養素を含んでおり、健康や美容、ダイエットなどさまざまな面での効果が期待できます。

腸内環境を整える効果が期待できる

酒粕甘酒と米麹甘酒には、食物繊維や腸内で善玉菌のエサとなるオリゴ糖がセットで豊富に含まれています。
そのため、どちらの甘酒にも腸内環境を整え便秘解消をサポートする効果が期待できます。

ダイエット&美容効果

酒粕甘酒と米麹甘酒にはダイエットや美容効果も期待できます。
ダイエットに関しては、上記でも紹介したようにどちらも腸内環境を整える作用が期待できるので、便秘解消やお腹周りをすっきりさせる効果が見込めると言えるでしょう。
また、美容に関しては血流を良くし代謝をアップしてくれるビタミンB群や皮膚の状態を整える作用がある麹菌が含まれているため、美肌効果が期待できます。

ただ、ダイエットや美容効果に関しては、目的別で酒粕甘酒と米麹甘酒を飲み分けた方が効果的です。
詳しくは以下で説明していきます。

 

 

酒粕甘酒の特に優れている効果とは

4
酒粕はその製造過程で麹菌と酵母により2度発酵されるため、栄養価がとても高いことが特徴のひとつとして挙げられます。
酒粕甘酒も酒粕同様、栄養価が非常に高く、さまざまな栄養分が凝縮して含まれています。

 

シミ・そばかす対策にも!高い美容効果

美容目的ならば酒粕甘酒の方がおすすめです。

なぜなら酒粕甘酒にはビタミンB群をはじめ、美容に良いとされる成分が豊富に含まれているからです。

・アルブチン&有機リノール酸:シミの元となるメラニン色素の生成に必要なチロシナーゼの働きを抑制する

・スフィンゴ脂質:肌の潤いを保つ

・アミノ酸:肌の材料となる

・セラミド:保湿効果

また、酒粕甘酒には腸内改善に効果的な成分であるレジスタントプロテインも含まれています。腸内環境が整えられることで肌荒れやニキビの改善も期待できるかもしれません。

 

寝つきを良くする

酒粕甘酒には「清酒酵母」という成分が豊富に含まれています。
これは日本酒にも微量に含まれている成分で、深い眠りを促進する「アデノシン」という成分を活性化させる作用があります。
そのため、「夜寝つきが良くない」「寝ても疲れが取れていない気がする」という方は酒粕甘酒を夜寝る前に飲んでみることをおすすめします。

 

 

“飲む点滴”とよばれる米麹甘酒の効果とは

shutterstock_465736343

「甘酒=“飲む点滴”」というイメージを抱いている方も多いかもしれませんが、実は“飲む点滴”と呼ばれる甘酒は、米麹甘酒の方です。

 

ダイエット効果が期待できる

ダイエット目的ならば米麹甘酒の方が効果的と言えるでしょう。
先ほども紹介したように、酒粕甘酒には甘みが無い分砂糖などを加える必要があるので、どうしてもカロリーが高くなってしまいがちです。
しかし米麹甘酒にはブドウ糖やオリゴ糖が豊富に含まれているので、砂糖を加えなくても自然な甘みが感じられます。
また、米麹甘酒ならダイエット中に不足しがちな栄養素を補うこともできるので、ダイエットのお供にぴったりです。

 

疲労回復にも効果的

米麹甘酒は“飲む点滴”という異名の通り、点滴と同じような栄養素が含まれています。
そのため、疲労回復や夏バテ予防・対策にも効果的です。

 

 

目的別で甘酒を飲み分けよう

甘酒 夜 (6)

いかがでしたか?
「甘酒はどれも一緒じゃないの?」と思われている方も多いかもしれませんが、実は酒粕甘酒と米麹甘酒では原材料、アルコール分の有無、カロリー、成分などが異なります。
ぜひ酒粕甘酒と米麹甘酒の特徴を理解したうえで、美容やダイエットなど目的別で飲み分けてみてください。

■こんな記事も読まれています

酒粕のご注文はこちら

ページトップ

スポンサーリンク

Copyright © 酒粕.com | 日本酒と酒粕の専門店「酒乃竹屋」.All Right Reserved.