酒粕と美容のかかわり

酒粕の美容効果とは?

「酒粕は美肌に効果的」「ダイエット効果があるらしい」

健康促進効果

そんなウワサを小耳にはさんで、酒粕に興味を持たれた方も多いのではないでしょうか? 健康促進効果とともに注目されている酒粕の美容効果とは?

こちらではその代表例である「美白効果」と「ダイエット効果」についてご紹介します。

シミ・ソバカスの原因をシャットアウト!

シミ・ソバカスはメラニン色素の沈着によって起こるのはご存じの方も多いでしょう。このメラニン色素のもとになる物質「ドーパクロム」はチロシナーゼという酵素の働きにより生成されます。酒粕の中に豊富に含まれている「遊離リノール酸」は、このチロシナーゼの働きを抑制する代表物質です。

このことから、酒粕にはシミ・ソバカスの防止効果が期待されています。ほかにも、抗酸化作用の高いフェルラ酸や抗炎症物質なども含まれており、「スキンケアに役立つのでは」と美容業界から注目が集まっているのです。

「ゆっくり分解」で肥満になりにくくする!

肥満になりにくくする

ダイエットをするうえでは、食べ物の分解スピードがとても重要だと言われています。なぜなら、食べ物に含まれるデンプンがブドウ糖などに分解されるスピードが早い人ほど肥満になりやすく、遅い人ほど肥満になりにくいと考えられているからです。

酒粕の特徴は、デンプンの分解を遅くする成分を含んでいること。おまけに脂質が少ないので、ダイエットに最適な食材のひとつと言えるでしょう。苦しいダイエットを続けるのではなく、毎日の食卓に少しずつ酒粕をプラスしてみる。そんなひと工夫で、意外なダイエット効果が得られるかもしれません。

パックにお風呂。酒粕の活用術!

お肌にやさしいうるおいを「酒粕パック」

用意するもの
酒粕 50~100g
浄水 少々
使い方
  • 酒粕を細かく砕き、浄水で溶かします(ぬるま湯でも可)
  • ペースト状になるまで溶かします
  • 洗顔した顔に均一に塗ります
  • 10~15分してパックが乾いたら、パックのみを落とす感覚でかるく洗顔しましょう

パックは、酒粕の栄養が直接肌に行きわたる、美白効果が高い方法とされています。浄水やぬるま湯の代わりに日本酒を使うと、さらに効果的。なお、お肌に合わないこともありますので、まずは少量の酒粕を腕など塗り、試してからご使用ください。

ほっとゆったり楽しめる「酒粕風呂」

用意するもの
酒粕 300~500g
手ぬぐい 1本
輪ゴム 1本
使い方
  • 酒粕をすりつぶし、手ぬぐいに包み輪ゴムでしっかり縛り、浴槽に入れます
  • 浴槽の中で酒粕の成分を揉み出し、マッサージするように塗り込むと効果的です

お肌に合わないこともありますので、まずは少量の酒粕でお試しください。

甘酒入荷のお知らせ

ちえびじんの酒粕